反ACTA官邸前抗議行動――PARC内田聖子氏スピーチ全文掲載、三宅雪子議員も駆けつけ、危険を訴える! 2012.8.7

記事公開日:2012.8.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文字起こし:ボランティアスタッフ @sekilalazowie リライト:@85singo)

 2012年8月7日(火)、首相官邸前で、「反ACTA官邸前抗議行動」が行われた。

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2012年8月7日(火)
  • 場所 首相官邸前(東京都千代田区)

 参加者らは、偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)について、「インターネット規制やジェネリック薬の流通阻害につながるのではないか」「ACTAに関する議論は不透明で、マスメディアも報じていない」などと訴え、シュプレヒコールを上げた。

 抗議行動は、ツイッターなどで呼びかけが行われ、昨日より多い60名が集まった。

 抗議を呼びかけたアンチ・アクタ・ジャパン(Anti Acta Japan)の遠藤修一氏は、ACTAの危険性について、「著作権の非親告罪化を可能にする恐れがある」と指摘。「表現の自由と著作権の関係を再定義しなければならない」とした。

 今後の運動については「コミックマーケットで著作物の二次利用に関心がある人たちにも働きかけ、様々なグループと連携しながら署名集めを展開したい」と話した。

 国民の生活が第一の三宅雪子議員も参加し、「偽造品の取引の防止に関する協定」という名称であっても、偽造品については条例のほんの一部を占めているに過ぎないという事実を説明。インターネットの情報規制の危険性がある等、「TPPとACTAを分けて考えてはいけない」と警鐘を鳴らした。

 ACTAの賛否については、「党として政策会議で最終的に判断する」としつつも、「懸念材料がある協定を批准する理由がわからない。私は反対の立場」と述べた。【IWJ・遠田】

【以下、演説とインタビュー全文文字起こし】

演説 PARC内田聖子さん

「みなさんこんばんは。昨日もこの場所でやって、私も参加したんですが、今日はすごいです。昨日、この時間だと、まだ5人ぐらいしかいませんでした。今日は本当にネットやツイッターで皆さんが呼びかけてくれたおかげだと思いますが、こんなに集まって、たいへん心強いです。

 私は普段はTPPに反対する運動をやっている者です。その立場から、このACTAというのを実はつい最近まで知らなくて、たまたま知ったんですが、もう驚きました。と思っていた矢先、7月30日の外交委員会で、全会一致で通りまして、その数日後の8月3日、参議院のほうであっと言う間に賛成圧倒的多数で通ってしまったんです。反対はたったの9名しかいませんでした。この事態を受けて、これは大変だということで緊急アクションを遠藤さんたちが呼びかけ、今日参加しています。

 とにかく言わなくてはならないことは、TPPも同じですが、このACTAというのは内容ももちろん酷いですが、その議論のされ方、手続きが極めて密室的に行なわれていることです。これはヨーロッパでたくさんの人たちが怒り狂ってデモをやった際と同じく、このポイントだったと思いますが、とにかく国民には何にも知らされない。その限られた人たち、一部の利益を得る人たちだけで議論をして、さっさと決めてしまえという事態がミエミエだったわけです。

 それから情報公開というのが全くなされていない。日本の場合は、外務省はいつも情報公開していますと、議員にも説明してます、国民にも説明しています、ウェブサイトにも載せてますとか、色んなことを言うんですが、全くこれは不十分です。しかも、著作権が守られることは良いことだと、こういうほんの少しの説明だけを載せて、これから色んな特許を持つ人は守られることですが、私たちのインターネットの自由や、貧困層、例えば医薬品に関してはジェネリック医薬品を必要としている人たちがいる。そうした人たちがどのような不利益を被るのか、そういったことは一切書いていないわけです。

 実際に参院で可決された時に、多くの国会議員はACTAということについて、ほとんど何の知識もありませんでした。知っていたのはたぶん反対した9名だけではないでしょうか。情報がない中でマスメディアも一切報じていません。反対した議員が調べたところによると、8月3日の時点で、朝日新聞のネットですが、ACTAというふうに書いて検索して、出てきた記事が皆さん何件あったと思いますか?(ゼロ)当たり。ゼロです。朝日新聞はACTAという単語で引いたという前提でありますが、これまで2005年からACTAというのは小泉首相が提案していたわけですが、こんなに年数が経っているのにも関わらず、一行も、ひとことも報道しなかった。この罪は重いと思います。朝日新聞ももちろんですが、他のマスメディアも一切扱ってきていません。これでは国会議員が知ることも難しいですし、ましてや私たち市民一人一人がこんな条約に入ろうとしているなんてことを知ることはできないわけです。

 しかも、この原発や消費税やTPPという重要な課題が目白押しのこの時期に、まさに意図的に殆どなんのろくな審議もしないまま、通してしまった。これは、私たちをバカにしているとしか思えません。そう思いませんか?本当にバカにしていると思います。さっき、誰かが野田さんいらないと言ってましたが、今日、不信任案が出されたんでしょうか?(まだ)まだ、出されていない?ですが、これはもう秒読みなんです。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です