辺野古新基地建設に反対する抗議行動で基地容認派が妨害行動、防衛省前が一時騒然――基地反対派はエスカレートする海上保安庁の暴力行為を訴え 2015.5.11

記事公開日:2015.5.11取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・青木浩文)

 辺野古への基地建設反対を訴える抗議行動が2015年5月11日18時半から、防衛省正門前で行われ、主催者発表で120名の市民が集まった。

 しかし、この抗議集会に反対する者も数名集まり、同抗議行動に重ねるようにしてシュプレヒコールを上げるなどの行動に出たため、防衛省前は一時騒然とした。

記事目次

■ハイライト

コンクリートブロックを違法投下した防衛局――「県の調査を露骨に妨害」

 辺野古で基地建設の反対活動を行っている「沖縄平和市民連絡会」の男性は、この日沖縄から東京に到着し、真っ直ぐこの場所に駆けつけたという。

 「毎回、これだけの妨害の中で防衛省に対する抗議行動を続けている皆さんに、心からの敬意を評したい」と、冒頭で感謝の意を述べた。

 そして、「防衛局が沖縄県漁業調整規則に違反して、大浦湾に巨大なコンクリートブロックを投下した問題ついて、沖縄県が本来なら今日5月11日から大浦湾の調査に入るところだった。しかし、防衛局はその調査を妨害して、県の調査をさせないという露骨な動きをしている」と、辺野古の現状を伝えた。

 「海上保安官は、抗議をするカヌー隊を転覆させ、海に沈め、暴力をふるう。私たちの抗議船には、海上保安庁のゴムボートが全速力でぶつかって来る。私たちは8隻の抗議船を持っているが、そのうち4隻は海上保安庁に追突されたため、現在修理中だ」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「辺野古新基地建設に反対する抗議行動で基地容認派が妨害行動、防衛省前が一時騒然――基地反対派はエスカレートする海上保安庁の暴力行為を訴え」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    辺野古新基地建設に反対する抗議行動で基地容認派が妨害行動、防衛省前が一時騒然―基地反対派はエスカレートする海上保安庁の暴力行為を訴え http://iwj.co.jp/wj/open/archives/245182 … @iwakamiyasumi
    日本の光と影が防衛省前に。この暴挙を止めるには、あなたの声が必要です。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/598094412581765120

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です