【速報】福井地裁 高浜再稼働を認めず「新規制基準は緩やかに過ぎ。適合しても安全性は確保されていない」と断言! 山本太郎議員は「安全神話の第二幕を開けさせなかった」 2015.4.14

記事公開日:2015.4.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:萩崎茂 記事:ぎぎまき・原佑介)

 関西電力・高浜原発3、4号機(福井県)の運転止し止めを求めた仮処分申請で、福井地裁は4月14日、再稼働を認めない決定を下した。仮処分で原発の運転を禁止する決定は初で、決定はすぐに効力を持ち、異議申し立てなどによって決定が覆されるまで、関電は2基を再稼働できない。

 14時30頃、福井地裁前では「司法が再稼働を止める」「司法はやっぱり生きていた!!」の垂れ幕掲げられると、地裁前に集まった市民からは歓声と拍手が起こった。涙を流す支援者の姿もあった。

 他方、関電は福井地裁の決定について「到底承服できない」とするコメントを発表。不服申し立てをする方針を明らかにしている。

▲決定直後の福井地裁前の様子 人々の歓声に包まれた

■ハイライト

  • 日時 2015年4月14日(火) 13:30~
  • 場所 福井地方裁判所前(福井市)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

福井地裁「新規制基準は緩やかに過ぎ。適合しても安全性は確保されていない」

 仮処分を申し立てた福井県や関西の住民らは、「関電が想定する基準地震動を超える地震によって、放射性物質が飛散する過酷事故を起こす可能性がある」と主張し、「人格権が侵害される」と訴えていた。関電は「多重防護の対策を講じ、安全性は確保されている」と反論し、「人格権が侵害される具体的な危険性はない」として訴えの却下を求めていた。

 裁判長は昨年5月に福井地裁で大飯原発3、4号機(同県おおい町)の差し止め判決を言い渡した樋口英明氏。「原発の新規制基準は緩やかに過ぎ、適合しても安全性は確保されていない。新基準は合理性を欠く」と指摘した。

 高浜原発3、4号機は今年2月、政府が「世界で最も厳しい」と誇る原子力規制委員会の審査に合格していたが、司法はこれを認めなかった。

山本太郎議員「安全神話の第二幕を開けさせなかった」

 福井地裁が再稼働を認めない決定をだした直後、地裁前に駆けつけた山本太郎議員は次のようコメントした。

 「住民の安全や避難計画はないに等しく、審査もない。安全神話が福島第一原発の事故後に崩壊するどころか、まさに第2幕が幕あけになりそうになっていたところ、福井地裁の良識的な判断がくだりました」

 さらに「(安倍政権は)人々の声を聞かないというスタンスで(政策を)進める政権ですから、市民と政治とのコンタクトはほぼ切られた状態になっています。だとするなら、司法というところで判断していただくしかない。司法の中にも色々なしがらみがあるが、それを乗り越えて、福井地裁は良識ある判断をした」と評価した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「【速報】福井地裁 高浜再稼働を認めず「新規制基準は緩やかに過ぎ。適合しても安全性は確保されていない」と断言! 山本太郎議員は「安全神話の第二幕を開けさせなかった」」への1件のフィードバック

  1. いっちゃん より:

     今日はいいことが二つありました。
    午前中には中国電力上関原発の現地の祝島漁協が 漁業補償金の受け取り拒否を再度決定しました。
    そして この福井地裁の仮処分決定、晩酌がおいしそうです。呑みすぎ注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です