シンポジウム「国民の知る権利vs秘密保護法 戦争は秘密から始まる ~秘密保護法でこんな記事は読めなくなる」 2015.3.13

記事公開日:2015.3.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月13日(金)、東京都文京区の文京シビックセンターにて、新聞労連、日本マスコミ情報労組会議 (MIC)、合同出版の共催によるシンポジウム「国民の知る権利vs秘密保護法 戦争は秘密から始まる ~秘密保護法でこんな記事は読めなくなる」が開催され、斉藤光政氏(東奥新報編集・論説委員)、宇佐見昭彦氏(東京新聞社会部記者)、佐藤大介氏(共同通信経済部記者)、磯野直氏(沖縄タイムス社社会部)が登壇し、日比野敏陽氏(新聞労連前委員長、京都新聞記者)がコーディネターを務めた。

※2015年3月13日のシンポジウムの模様を22日17時から録画配信しました。

■ハイライト

  • 開会挨拶 新崎盛吾氏(新聞労連委員長、共同通信記者)
  • パネルディスカッション 「秘密保護法でこんな記事は読めなくなる」
    登壇者(予定) 斉藤光政氏(東奥新報編集・論説委員)/宇佐見昭彦氏(東京新聞社会部記者)/佐藤大介氏(共同通信経済部記者)/磯野直氏(沖縄タイムス社社会部)/コーディネター 日比野敏陽氏(新聞労連前委員長、京都新聞記者)
  • 質疑応答

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です