【IWJブログ・特別寄稿】人工放射線による内部被曝から子どもを守る・前編(松井英介 岐阜環境医学研究所) 2015.3.9

記事公開日:2015.3.9 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(松井英介 岐阜環境医学研究所)

 昨年、メディアで大々的に取り上げられた漫画『美味しんぼ』における鼻血描写問題。同作品に実名で登場したのが、医師で、岐阜環境医学研究所所長の松井英介氏だ。『美味しんぼ』バッシングでの、政府の意図とは何か。そして、3.11から4年、これから被害が拡大すると考えられる内部被曝の問題を、私たちはどう考えたらよいか。松井氏に寄稿してもらった。

(IWJ編集部)

記事目次

はじめに

 鼻血!

 『ビッグコミックスピリッツ』の人気漫画「美味しんぼ──福島の真実」シリーズに、鼻血のシーンが登場するやいなや、日本政府の要人・地方自治体の首長・専門家・研究者・宗教家などが一斉に「美味しんぼ」攻撃を始めました。「美味しんぼ」を出版した小学館には右翼の宣伝カーが差し向けられました。

 私の自宅にまで、匿名のイヤガラセ電話は入りました。無署名の怪文書をもって、直接訪ねてくる大阪ナンバーの車もありました。彼らは一切名乗りませんでした。

 なぜ、彼らは鼻血を攻撃対象にしたのでしょうか。

 今回の「美味しんぼ」攻撃の特徴は、東電原発大惨事の原因をつくった日本政府が直々乗り出したことです。安倍晋三首相、菅義偉官房長官、石原伸晃環境大臣、石破茂自民党幹事長ら、国家権力のトップが、打ち揃ってテレビなど大手メディアに登場し、マスメディアをフルに動員して、大々的に展開した恫喝の大合唱でした。

 私個人に対する、新聞、テレビ、週刊誌の電話取材は多かったのですが、中日(東京)新聞など一部を除き、残念ながら原発大惨事被害者の立場に立って取材するメディアは少なかったと言わざるをえません。要するに、鼻血にこだわり、鼻血だけについて、その原因や因果関係をネチネチと訊く記者たちが多く、私は、何度も「鼻血はもう良い!」と叫びたくなる衝動に駆られた記憶があります。日本のマスメディアの多くは、日米仏国際核軍産協働体の重要な一角を占めており、記者たちには、共通の取材質問マニュアルが配布されているのではないかと、勘ぐったほどでした。

 「優秀な技術に支えられた」原発を世界各国に販売することに熱心な最高権力者は、以前に日本を「美しい国」と言いました。「美しい国」に醜い鼻血は要らないとでも言いたかったのでしょうか。

 元東京都知事であったもうひとりの権力者は、障害者施設を訪ねたときに、「この人たちに人格はあるのか?」訊いたと伝えられました。人格という概念は大飯原発差止め訴訟でにわかに身近になりましたが、元都知事は、障害者は人間ではないとでも言いたかったのかもしれません。

 「美しい国」といえば、ある民族をどこまでも美しく描き上げた何本かの映像を、私は今想い出しています。それらは、ドイツの映像作家レニ・リーフェンシュタール(Leni Riefenstahl)のドキュメンタリーです。

 「信念の勝利」:1933 ニュルンベルクで開かれたナチス党大会の記録。群衆の中から幼児を抱いた若い母親がかけより、ヒトラーに花を捧げる。若者たちの嬉々とした秩序ある生活。1936年第三帝国の威信をかけて行われたベルリン・オリンピックの記録「オリンピア」二部作「民族の祭典」と「美の祭典」(1938)。人間の肉体を華麗に描くためのさまざまな工夫・・・。

 1938年といえば、皇軍が蒋介石政権の臨時首都・重慶への大量無差別戦略爆撃を始めた年です。五年以上にわたって計画的につづけられたこの空襲は、人類史上初の計画的戦略爆撃といわれ、その方法はその後米軍に引き継がれ、1945年3月10日東京大空襲、7月10日堺空襲(3兄弟妹のうち私だけ生残)、8月6日広島、8月9日長崎、さらに朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク、コソボ、アフガニスタンを経て、現在のシリアやガザ攻撃へと、留まるところを知りません。

被災者の訴え=自覚症状を無視してはなりません

 「美味しんぼ」は、新しい議論の渦を生み出しました。多くの人びとの関心が、双葉町をはじめとする被災現地の人びとの苦難に寄せられました。東電原発大惨事の健康影響はほとんどなかったとして、「美しい国」の日の丸原発を世界各国へ売り込む、原発特大セールズに、乗り出していた国際核軍産協働体と日本国家の最高権力者にとって、醜い鼻血は、目の上のタンコブだったのでしょう。

 私は一臨床医ですから、私の日常は、患者さんの訴えを訊くことから始まります。訴えの多くは、ノドが痛い、目がかゆい、息が苦しい、むねやけがする、脈がとぶなど、何らかの自覚症状に関することが多いのです。その意味で、自覚症状は、患者さんが苦しめている原因を見つけ出す、とても大切な手がかりです。

 今回「美味しんぼ」で取り上げられ、話題になった鼻血やひどい疲労感も、これら自覚症状のひとつです。テレビや新聞に登場する有名人や研究者は、そんなものはなかったとか、“風評被害”を煽るものだとか言ましたが、それらの人たちには、苦しんでいる被災現地の人びとを思いやる心がなかったのでしょうか。

 3・11東電福島第一原発事故によってふるさとを奪われ、不自由な仮設住宅や借り上げ住宅暮しを強いられ、また、見知らぬ地に移り住まざるをえなくなりさまざまな苦難を抱えて間もなく四年。全国各地に約一七万人、私が住んでいる岐阜にも三百人ほどの方が移り住んでおられますが、多くの場合家族ばらばらの不自由な暮らしです。これら、今まで経験したことがない困難な状況の下で苦しんでいる人びと、とくに子どもたちに想いを馳せることが、いま最も求められていることではないのかと、私は思うのです。

「美味しんぼ」人気の秘密

 2013年4月私は全く偶然に「美味しんぼ」の作者たちと出会ったのですが、それから間もなく二年近くおつきあいしてみて、私はある感銘を覚えています。それは、原作者・雁屋哲さんと編集部の方たちが、じつに丹念な取材を重ね作品を仕上げておられる、その姿勢に対してです。私への取材も2013年の秋から2014年にかけて、随分長い時間がかかりました。私も忙しい毎日でしたが、私を惹きつけて離さない力が彼らにはあったのです。それが、30年もつづいてきた「美味しんぼ」人気の秘密かもしれません。

 3・11東電福島第一原発大惨事は、多額の税金を使いながら巨利を貪ってきた東電関連原子力産業と国策として原発を推進してきた日本政府におもな責任があります。彼らは何より先に、まず大惨事によって被害を受けた福島県をはじめとする汚染地域の住民に謝罪し賠償すべきです。

 それが、何ということでしょうか、すでに大惨事から四年近く経つ現在、子どものいのちを守るための手立ては何一つ取られていません。全ての党派が賛成して国会で通った「子ども被災者支援法」も棚晒しにされたままです。そして、あろうことか、あたかも住民の健康被害はなかったがごとく言い募り、住民の立場から福島の過酷な現実を活写した「美味しんぼ」を攻撃するという挙に出たのは、なぜでしょうか。

 3・11東電原発大惨事によって最も甚大な被害を受け全町民と役場が避難を余儀なくされた双葉町は、「差別助長」「風評被害」を謳い文句にした抗議文を「美味しんぼ」の出版社小学館に提出しました。双葉町は住民のいのちと生活を守るために活動すべき第一線の自治体として、同町と町民の苦難の現実を、また井戸川克隆前町長と伊澤史朗現町長の今までの努力と実績を、全国民に知らせる良い機会にすることもできたのに、まことに残念の極みです。

▲井戸川克隆氏

 この問題に関して放射線防護の研究者、野口邦和・安斎育郎両氏は、2014年4月29日付毎日新聞紙上で、「被ばくと関連ない」「心理的ストレスが影響したのでは」と述べています。両研究者は、血小板が減少し全身の毛細血管から出血するような、1シーベルト以上の大量急性被曝を、鼻血や全身倦怠感など自覚症状発症の条件だとしています。

 このような考え方は、残念ながら彼らに特異的な事柄ではなく、広く一般の臨床現場の医師にもある誤った認識です。またそれは、言論と表現の自由の圧殺に道を開き、核の力で世界を支配しようとしている国際核軍産協働体に手を貸すやり方だと言わざるをえません。

150309_32526_1

双葉町が行った自覚症状・罹患疾患の関連に関する疫学調査

 双葉町は井戸川克隆前町長のときに、全町民を対象にした疫学調査を行いました。この調査は、何の根拠も示さずに鼻血はなかった大合唱に加わった権力者、政治家、研究者、宗教者たちと彼らの言辞を無批判に垂れ流したマスメディアに対する、最も強力な反証になっています。

 この疫学調査は、東電福島原発大惨事の真只中、七千人の全住民が故郷を追われ福島県内外に移住せざるを得ない状況におかれ、役場そのものも埼玉県加須市に拠点を移すという前代未聞の大混乱の中で、遂行されました。町は並行して独自に全町民対象の健康調査も行ってきました。これら町民のいのちと健康を守る町の取り組みの歴史事実は、井戸川町政がいかに優れた政策をもち、またそれを実行に移してきたかをよく物語っています。

 と同時に、これらの事実経過は、双葉町町政の軸であった井戸川克隆さんに注目し、彼を「福島の真実」の重要な登場人物とした、雁屋哲さんの目の確かさを証明していると言えましょう。

 町民が訴えた症状は鼻血のみに留まらず、様々な自覚症状が記録されています。この調査は、2012年11月時点で福島県双葉町、宮城県丸森町筆甫地区、滋賀県長浜市木之本町の住民、それぞれ7,056名、733名、6,730名を対象に行われ、多変量解析の結果、つぎのような結果が得られました。

 主観的に自分の健康状態を評価する指標としてよく用いられる主観的健康(self-rated health)に関しては、2012年11 月時点で、木之本町に比べて、双葉町で有意に悪く、逆に丸森町では有意に良かったのです。更に、調査当時の体の具合の悪い所に関しては、様々な症状で双葉町の症状の割合が高くなっていました。

 双葉町、丸森町両地区で、多変量解析において木之本町よりも有意に多かったのは、身体がだるい、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気、疲れやすいなどの症状であり、鼻血に関して両地区とも高いオッズ比を示しました。

 2011年3月11日以降発症した病気も双葉町では多く(オッズ比10 以上だけでも、肥満、うつ病やその他のこころの病気、ぜんそく、胃・十二指腸の病気、その他の皮膚の病気)、両地区とも木之本町より多かったのは、狭心症・心筋梗塞、急性鼻咽頭炎(かぜ)、アレルギー性鼻炎、その他の消化器系の病気、その他の皮膚の病気、痛風、腰痛でした。治療中の病気も、糖尿病、眼の病気、高血圧症、歯の病気、肩こりにおいて双葉町で多く、更に、神経精神的症状を訴える住民の方が、木之本町に比べ、丸森町・双葉町において多く見られました。

 以上の記述は、双葉町低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査プロジェクト班が2013 年9 月6 日に発表した「低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査―調査対象地域3町での比較と双葉町住民内での比較―」の要約です。詳細は下記のサイトでどうぞ。

※低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査プロジェクト班 平成25年9月6日 低レベル放射線曝露と自覚症状・疾病罹患の関連に関する疫学調査―調査対象地域3町での比較と双葉町住民内での比較―

 また、この疫学調査に関しては、最近発刊された「美味しんぼ」の合本「福島の真実」編下の巻末1として紹介されているので、ご参照ください。

チェルノブイリ健康被害調査でも「鼻血」は指摘されています

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です