日本の人権状況って何か変? ~国際人権規約と秘密保護法とメディア~ ―講師 藤田早苗氏 2014.12.17

記事公開日:2014.12.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月17日(水)、東京都練馬区の武蔵大学にて、「日本の人権状況って何か変? ~国際人権規約と秘密保護法とメディア~」と題して、英国エセックス大学人権センター講師の藤田早苗氏が講演を行なった。

■ハイライト

  • 講師 藤田早苗氏(英国エセックス大学人権センター講師)
  • 日時 2014年12月17日(水) 16:20~
  • 場所 武蔵大学(東京都練馬区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「日本の人権状況って何か変? ~国際人権規約と秘密保護法とメディア~ ―講師 藤田早苗氏」への1件のフィードバック

  1. うみぼたる より:

    藤田さんが日本に戻られるたびに貴重なお話をお土産に頂いていますが、
    今回、特に驚いたのが47分あたりからの個人通報制度についてです。
    国連に人権侵害を訴えることができる個人通報制度に、日本は批准していない。批准していないのは先進国では日本くらいなのだとおっしゃる。
    饗宴のパーティにいらしていたのに、お尋ねできず残念でした。
    饗宴Ⅴでは島袋先生の気迫に、スコットランドのように沖縄の自治権が拡大していく必要性を思いましたが、
    中央政府よりも地方政府の権限が上になっていく姿というのを、具体的に描いてみたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です