仙台北陵クリニック事件 池田正行医師 講演 2014.11.30

記事公開日:2014.11.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月30日(日)、愛知県・豊橋市職員会館で国民救援会愛知県本部が主催して「仙台北陵クリニック事件」に関する池田正行・医師の講演会が開催された。仙台市・北陵クリニックで点滴中に筋弛緩剤を混入したとして、2000年に1人の殺人、4人の殺人未遂容疑により准看護師・守大助氏が起訴され、2008年に最高裁で無期懲役の判決が確定、2014年3月、地裁への再審請求も棄却されている。

 NHKの「総合診療医ドクターG」でも知られる池田氏は、盲導犬がフォークで刺されたとされ8月に騒がれた問題を例に挙げながら、この事件は「犯人探しゲーム」を発端とする幻であるとして冤罪を主張し、検察・裁判所・メディアやそれに依存する人々の構造的問題を指摘した。

※本ダイジェスト動画は映像がやや粗さがありますが、本編の動画はクリアなものとなっておりす。

■ハイライト

  • 講演 池田正行氏(医師、高松少年鑑別所法務技官・矯正医官、元長崎大学教授)
  • 日時 2014年11月30日(日)13:45頃~
  • 場所 豊橋市職員会館(愛知県豊橋市)
  • 主催 国民救援会愛知県本部

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です