第46回 日本の司法を正す会 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・田口)

 2012年9月21日(金)、東京都千代田区永田町村上正邦事務所で、『第46回日本の司法を正す会』が行われた。

 自民党の元参議院議員会長村上正邦氏、阿部泰雄弁護士、早川忠孝氏、ジャーナリスト青木理氏、ジャーナリスト山口正紀氏、週刊金曜日伊田副編集長による討議に対した。参加者は10名ほど。司会は青木氏。2000年に仙台市北陵クリニックで起きた「筋弛緩剤殺人事件」について、刑事司法の観点から討議が行われた。

■ハイライト

  • 内容
    ゲスト:阿部泰雄弁護士/ワークショップ:「北陵クリニック事件」
  • 日時 2012年9月21日(金)
  • 場所 村上正邦事務所(東京都千代田区)

 当時、北陵クリニックの准看護師を務めていた守大助さんが、患者であった当時小学校6年生の少女を殺人したとして、2001年1月に逮捕された。殺人・殺人未遂などの容疑が5件にもわたることから、マスコミが大々的に取り上げ、医療側による殺人行為ということで狂騒的な報道が行われた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です