吉良よし子議員、川内原発住民説明会は「やればやるほど不満がたまる」~再稼働反対! 首相官邸前抗議 2014.10.17

記事公開日:2014.10.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・薊一郎)

 首都圏反原発連合主催による首相官邸前抗議が10月17日、首相官邸前および国会議事堂正門前で開催された。

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2014年10月17日(金)18:00~20:00
  • 場所 首相官邸前/国会正門前(東京都千代田区)
  • 主催 首都圏反原発連合

川内原発住民説明会「やればやるほど不満がたまる」

 川内原発の新規制基準適合に関する住民説明会が、台風の影響により延期された、いちき串木野市以外の4カ所で10月9日から実施された。先週の抗議行動に引き続き、この日も住民説明会に対する批判、不満を訴える参加者が目立った。

 抗議に参加した男性は、原子力規制委員会の田中俊一委員長が「技術的な議論をしているのであって、住民の不安は議論の対象外である」という旨の発言をしたことを引用し、住民説明会に対する不満と国の不誠実さを訴えた。

 スピーチに立った日本共産党の吉良よし子参議院議員は、住民説明会について、「やればやるほど不満がたまる」と評し、国や自治体の対応を批判した。同党の笠井亮衆議院議員も、「まともな説明をしていない」と原子力規制委員会による説明の杜撰さを批判。また、笠井氏は、川内原発再稼働についての地元同意スケジュールが繰り上がって実施されようとしていることに警鐘を鳴らした。

 経産省前テント村の男性も、住民説明会に小渕優子経済産業大臣(当時)の出席を要求し、「大臣に直接説明して欲しい」と訴えた。

火山噴火リスクの評価の甘さ

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です