大飯原発3,4号運転停止を求める裁判終了後の報告交流会 ─「障害を持つ人の防災と避難支援」鈴木絹江氏講演 2014.9.12

記事公開日:2014.9.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西電力大飯原子力発電所3・4号機の運転停止を求めて大阪地方裁判所へ提訴されている裁判の第11回法廷が、2014年9月12日(金)、大阪地裁で行われ、裁判後、AP大阪淀屋橋で原告・弁護団の報告交流会が行われた。会では、裁判報告に続き、福島県田村市から京都に避難している鈴木絹江氏が、障害を持つ人々や要介護者の避難に伴う困難を体験をもとに講演した。また、グリーン・アクションのアイリーン・美緒子・スミス氏らが8月31日に福井県で行われた原子力総合防災訓練について報告した。

■ハイライト

  • 裁判報告 武村二三夫氏(弁護士)/瀬戸崇史氏(弁護士)
  • ゲスト講演 鈴木絹江氏(ケアステーションゆうとぴあ理事長)「障害を持つ人の防災と避難支援~地震・津波・原発事故」
  • 福井原子力防災訓練報告 アイリーン・美緒子・スミス氏(グリーン・アクション)ほか

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です