「野次は一人ではなかった」 塩村文夏都議が、女性を蔑視する野次が飛び交う東京都議会の空気を批判 2014.6.24

記事公開日:2014.6.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

 6月18日、東京都議会本会議で塩村文夏(あやか)都議が初めての一般質問を行っている最中に差別的な野次を受けた問題について、6月24日、日本外国特派員協会で記者会見を行なった。塩村都議は「不規則発言をしたのは一人ではない。名乗りでてほしい」と述べた。

■ハイライト

女性を蔑視する野次に笑いが起こる東京都議会

 東京オリンピック・パラリンピックに向けての受動喫煙対策、動物愛護や、女性の妊娠、出産、育児などを東京都がどのようにサポートしていくのかを質問した塩村都議。前回の討論でも激しい野次を受けたが、その時は政策に対するものが多く、問題になることはなかった。

 塩村都議は今回の一般質問でも野次は覚悟して臨んだが、悩める女性へのサポートの質問の際に「まさかそのような野次が本会議場で飛んでくるとは思わなかった。あまりにも不意を突かれてしまい耳を疑って一瞬、止まってしまった」と述べた。その時の様子をおかしいと思う人もいたはずだが、逆に野次に対して笑いが起こり、議会全体がまるで楽しんでるようかのような雰囲気になってしまったという。

 塩村都議は、不妊や育児などで悩んで相談に来た女性達の顔や声が浮かび、悔しい気持ちが増したが、スピーチを続けた。しかし、女性蔑視としか思えないような発言を耳にして、「諌めるような事があってもいいのではないか。逆にそれを面白がるのが続いたところが一番ショック。今回の件は私自身ではなく女性全体とその家族のみなさんも侮蔑するようなのが私はとても残念です」と語った。

「野次は一人ではなかった」

 会議を終えた後も、野次を飛ばしていた人々が謝罪に来てくれることはなく、来たのは記者であった。翌日、その時の模様は新聞に記事として掲載されたが、22日まで誰も謝罪に来ることはなかった。その間も、塩村都議は声が聞こえた方の会派に抗議に行ったが「証拠がない」と言われ、逆に「証拠を出せ」という論調だったという。

 18日には処分要求書を議長宛に出したが、それも野次を飛ばした議員が特定できない事を理由に受け取ってもらえず、手続きを踏んだ処分も難しくなった。

 その後、連日のマスコミ報道により23日に鈴木章浩都議が謝罪することになった。塩村氏は「あの場でいろいろな不規則発言をした方は決して一人ではなかった。一人が名乗り出て終わってはいけない。再発を防止する点でも名乗り出て頂きたい」と、今後も女性蔑視的な野次を飛ばした人物からの謝罪を待つ姿勢だ。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「野次は一人ではなかった」 塩村文夏都議が、女性を蔑視する野次が飛び交う東京都議会の空気を批判」への3件のフィードバック

  1. m より:

    塩村さんは都議前は恋のから騒ぎメンバーでこんな発言をされてましたねw
    http://m.youtube.com/watch?v=3qTR_IblZnI

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見より) より:

    ワールドカップ以上に世界との差を感じる女性の権利。こんな現状では予選にも参加させてもらえないよ。情けない。

  3. 居残り佐平次 より:

     日本の首都の議会でもこの程度なのかと悲しくなるできごとでしたね。
     こんなことを白昼堂々と言えるほど都議会には緊張感がないんでしょうか。
     鈴木都議以外にもヤジをとばして名乗り出ていない議員がいるのは明らかですが、とりあえず鈴木議員に投票した有権者は、票を投じた己の責任を考えるべき。
     塩村都議にはこれを機会に都議会の非常識な体質をどんどん告発していってほしく思います。自浄作用なんて期待できないし、こんな発言がまかり通るような議会の現状が続くことは誰のメリットにもならないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です