岩上安身による川内博史衆議院議員インタビュー 2010.10.12

記事公開日:2010.10.12取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年10月12日、衆議院予算委員会で川内博史議員が「郵便不正事件」と「検察審査会」の問題について質問したのをうけ、当日の夜、岩上安身がインタビューしました。

 川内博史議員は可視化議連の会長でもあります。 検察は、村木事件が冤罪であったと、認めるのか。証拠隠滅と職権濫用の違い。法務大臣が設置する第三者検証チームの重要性とは。

 刑事司法の問題において、国会はどのように関わるべきか?「可視化議連」が可視化を進めていくポイントは。検察審査会の議決には、どのような問題があるのか?

 「検察審査会の議事録を公開しないという規定はない」という答弁が意味するものは?などについて、詳しく話をうかがっています。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です