岩上安身による沖縄タイムス論説委員屋良朝博氏インタビュー 2010.10.15

記事公開日:2010.10.25取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年10月15日、沖縄タイムス論説編集員の屋良朝博(やら ともひろ)氏に沖縄タイムス本社にてインタビューを行った。
一ヵ月後に控える沖縄県知事選の展望、沖縄の抱える基地問題、安全保障に関して日米の今後の関係などのお話いただいた。

 アドバルーンを上げることで市民でも機能を停止できてしまう米軍基地の脆弱性とは。尖閣諸島問題の発生時に海兵隊は何をしていたのか。これら、メディアが取り上げない問題も詳しく語っていただいた。

■ハイライト

 サポート会員ページでは、アーカイブ動画part1(39分)にて、県知事選の展望。辺野古移設が明らかになった1996年以降県民の7~8割はずっと反対。アドバルーンで機能がマヒする米軍基地の脆弱性とは。

 アーカイブ動画part2(44分)では、米国内の沖縄の基地に対する論調はどのようなものか。「抑止力」としての海兵隊は、尖閣問題発生中、何をしていたのか? について語っもらった。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です