第31回 ロックの会「動物愛護」 ―松田美由紀さん、ゲスト 杉本彩さん・岩井俊二監督ほか 2014.5.9

記事公開日:2014.5.10取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月9日(金)、東京都渋谷区の代官山カフェラウンジで、「第31回 ロックの会」が開催された。松田美由紀さんがオーガナイザーを務め、女優の杉本彩さん(一般財団法人動物環境・福祉協会Eva)、長井英明さん(NPO法人アニマルライツセンター)、岩井俊二さん(映画監督)らをゲストに迎え、「動物愛護」をテーマにトークが行われた。

■イントロ

  • ゲスト 杉本彩氏(女優、動物環境・福祉協会Eva理事長)、長井英明氏(アニマルライツセンター)
  • 日時 2014年5月9日(金)20:00~
  • 場所 代官山カフェラウンジ UNICE(ユナイス)(東京都渋谷区恵比寿)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

■お買い求めはこちらから

「第31回 ロックの会「動物愛護」 ―松田美由紀さん、ゲスト 杉本彩さん・岩井俊二監督ほか」への1件のフィードバック

  1. うみぼたる より:

    原発事故後、被災地に残されたペットを保護する活動を杉本彩さんがされていた時、ブログに応援メッセージを書きました。
    ありがたいと思いました。私の家族が保健所から犬を頂き育てていますが、保健所に残されたほかの犬たちにも情が移って困ったと話していましたから。
    松田美由紀さんのパーマカルチャーのおはなし、大事な経験ですが、私は羊を殺して食べることはできません。
    鶏も無理。おそらくお肉が食べられなくなるでしょう。
    親が魚を100匹くらい釣ってきた時に(多すぎ!)、30匹くらいさばいたら急に魚たちに個性を感じ始めてしまい、お腹の中に残されていた卵に罪悪感を感じて、吐きそうになりました。数日間は自分の体から魚の臭いがするような気がして、魚屋さんに行って店員さんが臭うかチェックしたほど。
    長井さんのお話も辛いですが、消費行動の改善が生産者のあり方も変えていくのでしょうから、私も改めます。
    勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です