いかにして現代の教育システムは人間の精神を破壊するのか ~安冨歩氏対談 「東大話法」に騙されないために 2013.10.4

記事公開日:2013.10.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・松井信篤)

 2013年10月4日(金)19時より、東京・国分寺市のカフェスローで安冨歩・東大教授と汐見稔幸・東大名誉教授による対談「『東大話法』に騙されないために」が行われた。

 一部のエリートが支配する日本。そのエリートたちはいかにして作られたのか。

 10月4日、白梅学園大学学長の汐見稔幸氏が聞き手となり、現職東京大学東洋文化研究所教授である安冨歩氏が、自身の著書をもとに日本の学問・研究に対する課題について語る対談が、国分寺市にあるカフェスローで行われた。

 対談の中で安冨氏は、著書にもなっている「合理的な神秘主義」という考え方は「わかる事とわからない事が世界にはある事をまず認めること。わからない事というのは命だと思っている。わかる事は命を破壊するものと考えていて、どういう風にして現代の教育が人間を破壊しているか? というのを科学的に解明できると信じている」と述べた。

 対談ではほかに、自身が研究している親鸞やガンジーなどを糸口にこれからの学問、教育について話し合われた。

■ハイライト

  • 出演
    安冨歩氏(東京大学東洋文化研究所教授)/汐見稔幸氏(白梅学園大学学長、東京大学名誉教授)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です