ストーン監督「日本は過去のことを中国に、誠意をもって謝罪したらどうか」 ~新外交イニシアティブ設立記念パーティー「オリバー・ストーンと語るもうひとつの日米関係」 2013.8.11

記事公開日:2013.8.11取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根/奥松)

 「安倍政権は、オバマ大統領と一緒になって軍国主義化しようとしている。なぜ、日本人は、中国に敵意を持つのか。過去のことについて、誠意をもって謝罪したらどうか」

 2013年8月11日(日)18時30分より、東京都千代田区のレストラン「ALASKA」で開かれた、新外交イニシアティブ設立記念パーティー「オリバー・ストーンと語るもうひとつの日米関係」で、来日中のオリバー・ストーン監督はこのように語った。パーティーでは、ピーター・カズニック教授らも交え、日本と核、日米外交、歴史認識について、登壇者それぞれが違った見解を披露した。

■ハイライト

<登壇者>

  • オリバー・ストーン氏(映画監督)
  • ピーター・カズニック氏(アメリカン大学教授)
  • 藤原帰一氏(新外交イニシアティブ理事、東京大学教授)
  • 猿田佐世氏(新外交イニシアティブ事務局長、弁護士)

 冒頭、新外交イニシアティブの理事を務める藤原帰一氏が、「外交というと、日米関係、東アジアとお決まりの言葉が繰り返される。自分たちは、今までの日米関係で出来なかったことの検証と、提言を行なっていきたい」と挨拶をした。

 同理事の猿田佐世氏は「以前、ワシントンD.C.で外交の一端を垣間見たとき、一面的議論に終始している印象を受けた。しかし、国内では多種多様な議論、意見がある。それらを少しでも外交の舞台に反映させることができないか、という思いから、このシンクタンクを発足させた」と語った。

 オリバー・ストーン監督は、広島と長崎を訪れた感想を、次のように話した。「すばらしい経験をした。被爆者たちの数奇な運命と、戦後のストーリーなども印象的だった。放射能被爆の影響、差別など、社会的処遇の実態も知ることができた。また、広島と長崎の原爆資料館も、とても勉強になった」。

 「岡まさはる記念長崎平和資料館では、1931年(満州事変)からの中国、東アジア諸国などへの侵略戦争に関する特別展示も印象的だった。当時、こういう情報は隠蔽されていた。アメリカでも、ヨーロッパ戦線はソ連のおかげで勝利したことを国民に隠した。同じように、原爆が戦争を集結させたという神話を、人々に信じ込ませている。今回、被爆者たちに会ったことで、歴史の真実を知り、それを検証し伝えていくことが、文明の証しにつながっていくと痛感した」。

 ピーター・カズニック教授がマイクを握り、「自分は、1995年から、学生たちを広島、長崎へ連れて行き、原爆の真実を見せている。それで人生が変わった、という学生もいる。中でも、被爆者たちとの会話が一番の重要イベントになっていて、この会場にも、日本原水爆被害者団体協議会の田中煕巳事務局長に来てもらっている。真実を風化させないという点において、広島、長崎の被爆者たちの活動は、オリバーと自分が進めてきた仕事にも通じている」と話した。

 続けてカズニック教授は、自分の好きな黒澤明監督の『八月の狂詩曲』で、過去を忘れてしまったことを指摘する1シーンを例に挙げ、「われわれは、現在のことばかりにとらわれすぎて、過去に興味を失っている。それは、将来にも興味を失うことと同じ意味ではないか」と語った。

 さらに、ストーン監督との共著について、「『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』の内容は、ニューヨークタイムズなどのトップを飾っていたものばかりだ。現在は、あまりにも歴史認識が足りない。35%のアメリカ国民は、日本への原爆投下を知らなかった。さらに、20代のアメリカ人の51%が、ベトナム戦争に肯定的だった。歴史認識は、文明の絆の横軸になるもの。自分たちは、嘘で固められた帝国の歴史に対抗している」と主張した。

 それを受けて藤原氏が、『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』から、原爆投下が世界大戦を終結させたという嘘について、補足説明をした。そして、今回、ストーン監督とカズニック教授の来日が、大々的にマスコミに取り上げられていることについて、「良い点は、原爆をめぐる真実が大勢の人に知らされること。しかし、それが語られて、他の事実が隠蔽されてしまうことには、注意しなければならない」とした。

 藤原氏は「それは、意志に反して戦場で死んでいった兵士たちのことだ。靖国をなおざりにし、広島と長崎ばかりを取り上げることに、憤りを感じる人たちが増える結果につながる。これが、政治的に利用されることは明らかだ。もうひとつは、日本人は敵の兵士に殺された、という事実。また、海外での慰安婦問題も、朝鮮人慰安婦ばかりが語られるが、日本人もいたことを忘れてはならない」と述べた。

 「そういった点からも、日本人は、今まで日本人自身の犠牲を語ることを、避けてきてはいないだろうか。ストーン監督もカズニック教授も、ただ、アメリカ人が悪かった、といった短絡的な見方ではなく、そういった正しい歴史の見方を教えてくれている、と考えなければならない」。

 さらに藤原氏は、「毎年8月になると、戦争の悲劇、広島・長崎の原爆を国民総出で悼(いた)み、アメリカの核の傘で守られていると暗に認めながら、核廃絶を、できる限り不可能な提案を掲げながら、もっともらしく訴える。核に関わる責任をアメリカに押しつけ、被害者意識だけを助長する。一番の課題は、核を削減する際のパワーポリティックスへの具体的な対策。それが、もっとも必要なのだ」と持論を展開した。

 猿田氏が「ストーン監督とカズニック教授は、これから沖縄へ行く。日本では、核抑止、核の傘、集団的自衛権、沖縄基地問題など、大きな外交課題が横たわっている。『もうひとつの日米関係』について、2人の意見をうかがいたい」と両氏に求めた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です