2013/06/14 会場に溢れんばかりの人の集まりに「最高の滑り出し」 ~「96条の会」発足記念シンポジウム

記事公開日:2013.6.14
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 憲法改正

 2013年06月14日(金)18時30分より、東京都千代田区の上智大学四谷キャンパスにて「『96条の会』発足記念シンポジウム」が行われた。本会場が満杯となり、ほかに8会場を設けてパブリックビューイングで対応するほどの盛況であった。樋口陽一東大名誉教授は「60年間の学究生活の中で、講演にこれほどの人が集まったことはない」と語り、「憲法を基準にして公権力を縛ることを、立憲主義と言う。ところが『自分を縛るルールを緩めてくれ、やりたいことができるから』というのが今の自民党の改憲案だ」と批判した。

  • テーマ「熟議なき憲法改定に抗して」
  • 基調講演 樋口陽一氏(96条の会代表、憲法学者。東北大学名誉教授、東京大学名誉教授)
  • パネル・ディスカッション「96条改定の何が問題か」司会:杉田敦氏(法政大学教授)
  • パネリスト:長谷部恭男氏(東京大学大学院教授)、小森陽一氏(東京大学大学院教授)、山口二郎氏(北海道大学大学院教授)、岡野八代氏(同志社大学教授)
  • 日時 2013年06月14日(金)
  • 場所 上智大学四谷キャンパス(東京都千代田区)
  • 主催 96条の会
このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

 冒頭、上智大学教授・三浦まり氏から「96条の会」について、「この会は、熟議を欠いた安易な憲法改定に、反対する人々の集まりとして発足した。立憲主義の重要性について、とりわけ改憲のハードルを下げることの危険性について、有権者が深く考える機会を提供することを目指している」との説明があった。

 基調講演では、樋口陽一氏が「96条は、憲法の憲法、根本規範、憲法改正権などと言われている」と述べ、「96条が持つ憲法改正の権限を、その権限によって変えることができるのか、という本質的議論をクリアしないまま、96条を使って96条を変えることは、理屈の上ではできない。一部の政治家は、手続き上の問題だけというが、大きな間違いだ」と語り、以下のように続けた。

 「昨年、安倍首相は『たった3分の1の反対で発議できないのはおかしい。そういう横柄な議員には、退場してもらう選挙を行なうべきだ』と話した。職責を果たそうとする国会議員を横柄と呼び、たまたま手にした2分の1の議席で発議し、あとは国民に丸投げする。これは明らかに、主権者としての国民への侮辱である」。

 パネルディスカッションでは、山口氏が「国民投票があるからいいじゃないか、と言う人がいるが、直接民主主義は強烈なアプローチ。改憲後、のべつ幕なしに国民投票をすることになる。そうなると、すべて形骸化し、逆に国民投票が、国民主権を破壊する」と危惧した。

 岡野氏は「憲法は、マイノリティにとって最後の砦だ。その時の多数意見で決めるものではない。新憲法では家族を強調するが、セーフティネットや社会福祉が削られるなかで、家族というものに負担を押しつけようとしている」と述べた。

 長谷部氏は「憲法の中の『国民』には、2つの意味がある。国民投票の国民は、有権者としての国民。前文でいう国民は、国政の福利を享受する、将来の世代を含めて長期的な意味を含んだ国民、という意味だ」と説明した。

 山口氏は「反知性主義が、今の政治の基調だ。今、安倍首相はトーンダウンしているが、株価さえ維持できれば乗り切れる、と思っているようだ。ただし、世論には力がある。私たちは無力ではない」と語った。

(IWJテキストスタッフ・関根)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です