2013/05/31 福島の人々、東電に事故責任を求め涙の訴え―東京地検と東電に対し、要請書と署名を提出 ~福島原発告訴団 東京地検前「激励行動」/東電本社前「抗議行動」  

記事公開日:2013.5.31
このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島原発告訴団主催で行われた、「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会」終了後、集まった人々は、東京地検前と東電前に順次移動し、抗議行動と要請書、10万8000以上集まった署名を提出した。

 今回集まった人数は、1000人を超えた。彼らは「福島の叫びを聞け!起訴せよ!」「東電は自首しろ」というプラカードを掲げ、東京地検に対して東電への捜査を求めた。

 東京地検前の演説では、弁護団の海渡氏は「検察庁に事故の現場と東電本社に対して強制捜査の令状を持って踏み込んでほしい」、「100万人に1人の確率で発症すると言われている甲状腺ガンが、3万人に1人の割合で発症している。これは、明らかに過剰」、「起訴は難しいという報道が何度もされてきていますけれども、決して難しいことはなにもない。過失の存在ははっきりしていますし、被害は顕在化してきた。その間に因果関係があることも、専門家の鑑定意見などもでています。もっと多くのお医者さんも書いてくれれば、確実な起訴状が作成出来る」と訴えた。

 東電前に移動した人々は、東電社員に対し、福島第一原子力発電所の事故責任を求める内容の要請書を読み上げ、提出した。要請内容を聞き、受け取った東電社員は、「要請書は受け取りました」「警察の捜査には真摯に対応する」と答えた。

■詳細 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2013/05/blog-post.html

■東電本社前

■東京地検前

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です