「福島を想い、脱原発のためにバスティーユ広場に集まろう!」第3回 2012.12.8

記事公開日:2012.12.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年12月8日(土)、フランス・パリにあるバスティーユ広場にて第3回目の「福島を想い、脱原発のためにバスティーユ広場に集まろう!」が開催された。
 寒空の中、70人程度の参加者の姿が見られた。恒例になりつつあるかんしょ踊りと、脱原発の旗を掲げた国会議事堂のミニチュア神輿をかついで行進するパフォーマンスも行われた。
 同月、日本では衆議院議員総選挙が行なわれることもあり、飛幡祐規(たかはたゆうき)氏からは日本未来の党が新しく発足したことや、福島第一原子力発電所の現状が報告された。大手メディアが、今回の選挙で脱原発を選挙の争点にしていないことを取り上げ、世論調査の不透明性についても訴えた。また、IAEAが原子力を推進するための国際機関であること、日本政府とIAEAが郡山市で開催する「原子力安全福島閣僚会議」に対抗し、市民が12月15日、16日に郡山と東京で脱原発世界会議2やデモ活動が催すことを紹介した。

 次回は1月12日のに第4回目が行なわれる予定だ。3月9日にパリの中で脱原発全国網が主催するヒューマンチェーンに向け、毎月活動をしていきたいと意気込みをみせた。

■全編動画
・1/4

・2/4

・3/4

・4/4

  • 内容
    • 現地時間 14:00~(日本時間 22:00~) オープニング パーカッション
    • 14:10~ (22:10~) プログラム解説 2013年3月9日ヒューマンチェーンの告知
    • 14:20~ (22:20~) 日本の状況:脱原発世界会議2、衆議院選挙(飛幡祐規氏)/「国会議事堂」御輿アクション
    • 14:35~ (22:35~) 建設中のEPRについて(アラン・ディニョワール氏)/プロトン教授インタビュー(バティスト・ソミエ氏、グザヴィエ氏)
    • 14:55~ (22:55~) 福島の子どもの健康について(ネルソン・シュルジョン氏)/かんしょ踊り、会津磐梯山(マイア・バルー氏、よそものフランス)
    • 15:10~ (23:10~) ビュール核廃棄物埋め立て処理場予定地について(グザヴィエ・サン=マルク氏)/アナグラム
    • 15:30~ (23:30~) 福島原発告訴団について(ボアグリオ治子氏)
    • 15:40~ (23:40~) コマンダン・シミオエルと歌おう
    • 15:50~ (23:50~) フィナーレ かんしょ踊り

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です