「希望のあの『選別』を見たら、諸手をあげて賛成する訳にはいかない」~民進・杉尾秀哉参院議員が立憲民主・鈴木庸介候補を応援!! 選挙区は小池代表の地盤「東京10区」!! 2017.10.6

記事公開日:2017.10.6取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(城石裕幸)

※10月22日まで公共性に鑑み特別公開したします。

 「希望の党のあの『選別』を見たら、私たちは諸手を挙げて賛成する訳にはいかない」

 2017年10月6日、東京・池袋駅北口で行なわれた立憲民主党・鈴木庸介候補予定者の演説に民進党・杉尾秀哉参議院議員が応援にかけつけた。

 鈴木庸介氏は、枝野氏に「立憲民主党」の立ち上げを提案した、民進党公認候補予定者だった新人4人の一人。

 この前日5日、民進党の前原誠司代表は全面支援するとした希望の党だけでなく、参議院議員が無所属や立憲民主党から出馬する民進党系候補者の応援をすることを認めると小川敏夫参院議員会長に伝えた。

 今回の応援はこの「容認」を受けてのものなのか、とのIWJの質問に杉尾氏は、即座に否定した。

 「いやいや、最初からそのつもり。これまで民進党で厳しい状況で頑張ってきてくれた人たちを、『今度は(自分たちは)希望の党(と合流)だからあなたたち(立憲民主党)は応援しない』というのは、いくらなんでもひどいと思っていた。自分はもともと代表選挙で枝野さんを押していた立場で、考え方も近い」と、党の容認が出る以前から応援にくるつもりだったことを明かした。

 鈴木氏が出馬を予定している東京10区は、希望の党の中心人物である若狭勝氏の選挙区であり、元は希望の党代表である小池百合子氏の地盤。都内有数のターミナル池袋を抱える豊島区が中心である。

 小池氏が東京都知事選に出馬したことにともない、2016年10月に行なわれた衆院補選では、共産党を徹底的に排除しようとする連合の横槍によって野党共闘がかなわず、鈴木氏は若狭氏に大敗している。今回、連合が特定政党の支援を見送り、民進出身者を個別に支援する方針を決めていることは、野党共闘を進める上では朗報だ。

 以下の一連の記事を読んでいただければ、連合がいかに野党共闘の障害であるかがわかるだろう。

 一方、杉尾氏が所属する民進党長野県連では、長野1区候補予定者である篠原孝前衆議院議員が希望の党の公認を辞退して無所属での出馬を表明した。この無所属での出馬を巡っては、「篠原氏は希望との協定書にサインしなかった。それにもかかわらず篠原氏が公認されたのは、民進党長野県連が協定書に勝手にサインしたのではないか」という報道がある。

 民進党長野県連の副代表でもある杉尾氏にこの点をたずねると、「サインのところの事実関係は、僕はそこに関わってないので、ご本人に聞いてもらわないとわかりません。だけど本人は『協定書で踏み絵を踏ませるような行為をするんだったら希望の党からは出ない』と、ずっとおっしゃってました。これは一貫してかわらない」とだけ答えた。

▲立憲民主党・鈴木庸介 東京10区候補予定者の応援演説をする民進党・杉尾秀哉 参院議員

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 弁士 鈴木庸介氏(立憲民主党、東京10区衆議院議員選挙 予定候補者)/杉尾秀哉氏(民進党、参議院議員)
  • タイトル 立憲民主党 鈴木庸介氏 街頭演説(池袋駅北口) ―応援弁士:杉尾秀哉参院議員
  • 日時 2017年10月6日(金)15:40〜
  • 場所 池袋駅北口(東京都豊島区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です