長妻昭氏、立憲民主党・代表代行に就任! 憲法改正では「解散権の制限」を盛り込む! 野党共闘には明確な姿勢示さず!――立憲民主党 東京選挙区 予定候補者 記者会見 2017.10.4

記事公開日:2017.10.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:谷口直哉)

※10月22日まで公共性に鑑み特別公開したします。

 「『なぜあの時、政治家は選択肢を示す行動をしなかったんだ』と、後世の歴史家から糾弾を受ける恐れがある、という強い危機感があった」――。

 2017年10月4日14時より、参議院議員会館にて、立憲民主党・東京選挙区予定候補者による記者会見が行われた。長妻昭元代表代行、海江田万里元民主党代表、初鹿明博前衆院議員ら、民進党を離党し立憲民主党から内定を得た候補予定者ら15人が集まった(菅直人氏のみ欠席)。

 挨拶に立った長妻昭元厚生労働大臣は、立憲民主党の結党にあたって、希望の党による民進党の事実上の「吸収」によって、国民に選択肢がなくなるのではないかと危惧した心情を、冒頭のように語った。

 長妻氏は立憲民主党の代表代行に就任したことを明らかにした上で、党の基本理念として、「内心の自由と多様な生き方を認める」、「徹底した情報公開と行政の私物化と戦う」、「社会格差を是正する」の3点をあげ、与党や希望の党との理念の違いを強調した。

 また、憲法改正に関しては、「主権在民」、「平和主義」、「人権の尊重」という三大原則を維持するという前提のもと、「解散権の制限」などを盛り込む改憲論議なら、行っていくつもりであると表明した。自民党が公約に盛り込んだ憲法改正の中の「緊急事態対応」(2012年の自民党改憲草案に盛り込まれた「緊急事態条項」と実質的には変わらないと思われるもの)については、言及がなかった。

 共産党や社民党との共闘に関して、長妻氏は記者からの質問に答え、「市民連合が掲げる政策に賛同する野党がまとまって、候補者が棲み分けしていく」と、方向性を示した。

 IWJが、枝野幸男代表や長妻氏の選挙区から共産党が独自候補を取り下げ、立憲民主党に協力する姿勢を見せていることへの受け止めを尋ねると、長妻氏は「市民連合などの団体、そこに賛同する政党が集まって、(棲み分けしていく)というような考え方」と答えるにとどまった。

▲志位委員長からの、立憲民主党への「連帯のメッセージ」

▲長妻氏の選挙区、東京7区から立候補を取り下げた谷川智行氏(共産党)のツイート

 

※立憲民主党 東京選挙区予定候補者一覧(2017年10月4日現在)

小選挙区 氏名 期数
1区 海江田万里 元6期
2区 松尾明弘
4区 井戸まさえ 元1期
5区 手塚仁雄 元3期
6区 落合貴之 前1期
7区 長妻昭 前6期
8区 吉田晴美
 10区 鈴木庸介 
11区 前田順一郎
13区 北條智彦
16区 初鹿明博 前2期
 18区 菅直人   前12期 
19区 末松義規 元5期
22区 山花郁夫 元3期
24区 高橋斉久
25区 山下容子

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 日時 2017年10月4日(水)14:00~
  • 場所 参議院議員会館 講堂(東京都千代田区)

※10月5日、テキストを追加しました。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です