北朝鮮による核実験をうけ原子力規制庁が空間線量率の測定結果と世界版・SPEEDI「WSPEEDI-II」の予測結果を公表 原発停止命令の可能性については「そういう対応をする予定はない」 2017.9.3

記事公開日:2017.9.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年9月3日(日)20時より東京都港区の原子力規制庁にて、原子力規制委員会 北朝鮮による核実験による放射能影響の観測結果について臨時ブリーフィングが行われた。

■全編動画

  • タイトル 原子力規制委員会 北朝鮮による核実験による放射能影響の観測結果について臨時ブリーフィング
  • 日時 2017年9月3日(日)20:00めど〜
  • 場所 原子力規制庁(東京都港区)
  • 主催 原子力規制庁

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です