「極右政治家」の本性!「関東大震災での朝鮮人虐殺はなかったか?」との質問には明確に答えず!震災被災者を追悼したから虐殺被害者に追悼文を出す必要はない!?~小池百合子都知事会見 2017.8.25

記事公開日:2017.8.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材協力・原佑介 記事・城石裕幸、記事構成・岩上安身)

※8月27日テキストを追加しました。

 2017年8月24日、小池百合子東京都知事が、「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に、追悼文を送らない方針を決めたと一斉に報じられた。追悼式は毎年、関東大震災が発生した9月1日に日朝協会などの主催で行われており、追悼文は歴代都知事が送っていたが、今年から方針を変更するのだという。

 一体どういう判断なのか。IWJは24日、担当部署である東京都の都建設局に取材し、追悼文を取りやめる理由について、次のような回答を得た。

 「追悼式が行われる都立横網町公園(東京都墨田区)は、震災、犠牲者を追悼する公園になっていて、園内ではいろんな追悼の集いが開催されている。都知事として震災への追悼は、すべての方に哀悼の意を表す『大法要』で、年2回行っているので、今後は個別のものには対応しないということで整理しました」

 「東京都慰霊協会」は毎年、関東大震災のあった9月1日と、東京大空襲のあった3月10日に遭難者に対する慰霊大法要を開催している。都知事はここに追悼の辞を寄せているので、今後は大法要のみに一本化する、というのだ。しかし当然ながら、関東大震災という自然災害の被災者と、関東大震災直後に人為的に虐殺された朝鮮人被害者とでは、犠牲や被害の意味がまるで違う。言うまでもなく、虐殺は自然現象ではない。当然「追悼」する意味も全く異なるはずだ。

▲大法要の行われる東京都慰霊堂(横網町公園)

 

記事目次

■ハイライト

  • タイトル 小池百合子 東京都知事 定例記者会見
  • 日時 2017年8月25日(金)14:00〜
  • 場所 東京都庁(東京都新宿区)

「民族差別という観点よりは災害の被害で亡くなられた方々への慰霊をしていくべき」!?

 翌25日の小池百合子都知事定例会見では、各社からこの件に関しての質問が続出した。

 追悼文を出さない理由をただされた小池知事は、「3月に関東大震災と都内の戦災遭難者慰霊大法要に出席した。9月にも行われるが、その場で都知事として関東大震災で犠牲となられたすべての方々への追悼の意を表した」と説明した。

▲今年も9月1日に東京都の秋季慰霊大法要が営まれる

 「すべての方々への追悼の意」をまとめて表しておいた、だからそれ以上個別の追悼は必要ないとでもいうのだろうか? 繰り返しになるが、虐殺の犠牲者は震災の被害者とは全く立場が異なる。震災の被害からやっと生き延びたところで、民族差別を背景にした憎悪の扇動によって人の手で殺されたのである。

 この点を聞かれた小池知事は「不幸な死を遂げられた方々への慰霊の気持ちには変わりはない」としながらも「民族差別という観点よりは災害の被害で亡くなられた方々への慰霊をしていくべきだ」と回答した。

 関東大震災時の朝鮮人虐殺は歴史上まれにみる凄惨な大事件である。にも関わらず、「民族差別という観点よりは災害の被害で亡くなられた方々への慰霊をしていくべきだ」とは、どういうことか。「民族差別による虐殺」と「自然災害の被災者」を比較して、前者は後者よりも「軽い」と言いきっているようにさえ聞こえる。

▲朝鮮人犠牲者追悼碑は慰霊堂のすぐ横にある

「虐殺の事実」は「様々な歴史的認識」の一つなのか!?

 会見で別の記者から「朝鮮人コミュニティーの中には虐殺の事実の否定につながるという批判がある。『虐殺の事実はなかった』という批判をどうお考えか」と問われると、小池知事は、「様々な歴史的認識があると思うが、関東大震災とそれに続く様々な事情によって亡くなられた方々への慰霊の気持ちは変わらない」とのみ答え、虐殺の事実を知事自身が認めるのか否か、明確な表明を避けた。

 しかし、虐殺という史実を「様々な歴史認識」の一つだと言い換えた時点で史実を否定していると見るよりほかないだろう。

 朝鮮人犠牲者追悼式を主催している日朝協会都連合会の赤石英夫事務局長は24日、IWJの取材に対し、「今の歴史的な、歴史上の問題としてそれ(虐殺)を否定することにつながる」と小池知事の判断を批判。「朝鮮人や中国人が虐殺されたという事実を、私たちはきとんと見つめなければいけない。これでは、歴史が歪められる流れに与してしまうのではないか」と、小池知事の歴史修正主義的な政治姿勢に懸念を示した。

過去の追悼文は「慣例的に事務的に送られてきた」ものと決めつけ、これまでの追悼メッセージの意義を台無しに!

 東京都も日朝協会も、「記録は残っていないものの、追悼文は少なくとも石原都知事時代から欠かさず送っていた」との認識で一致。「三国人発言」などで差別主義者として知られる石原氏でさえ送っていた追悼文を取りやめるというのだから、小池知事の「極右政治家」としての本性がむき出しになって現れた「事件」であると言わざるをえない。

 さらにもう一つ、都知事としての誠実さを疑わざるをえない発言が続いた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です