【岩上安身のツイ録】無念の落涙!!  山中慎介、具志堅以来の13防衛という「頂上」目前での幕切れ! 「魔が差して」タオル投入の大和トレーナーの単独判断にも、本田会長はじめ陣営は騒然! 2017.8.16

記事公開日:2017.8.16 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 ショックである。山中がまさかまさかの4回TKO負け。

 しかも自陣営のタオル投入に、本田会長が激怒という非常に複雑な結果に。

 ボクシングがわからない人にも、ここまで何年もかけて、山の頂上にのぼりつめようとしていて、滑落するような無念さはわかるはず。

 具志堅の記録を目前にして、内山が、山中が散った。あまりにも、あまりにも、無念。

 山中が再起しても一から連続防衛記録に再挑戦することは、年齢的にも不可能。王座転落後、ダイレクトリマッチにも敗れた内山高志は先日、引退を発表した。再起は、それほど難しい。

 WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥が一階級上げてバンタムに挑戦することをほのめかしていたので、山中との日本人最高峰同士のビッグマッチ実現もありうるかと、話題が盛り上がっていただけに、この敗戦は山中1人の敗戦にとどまらず、日本ボクシング界全体にとって大きな痛手である。

 内山、山中と頂上間近で散って、今後、この具志堅の13連続防衛記録に挑戦できる者は現れるか。井岡一翔、井上尚弥が一番近い距離にいると思われるが両者ともに複数階級の制覇に重きを置いているので同一階級での連続防衛記録更新は簡単ではない。改めて具志堅の記録の偉大さが輝く。

※2017年8月15日のツィートを並べて掲載しました。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です