安保関連法に反対する学者の会が共謀罪強行採決へ抗議 内田樹名誉教授「この法律は明らかに社会秩序をもたらしたり社会に平安をもたらすのではなく、国民に分断をもたらすために意図的につくられた法律」 2017.6.18

記事公開日:2017.6.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月18日(日)15時30分より東京都千代田区の学士会館にて、学者の会による共謀罪強行採決への抗議声明発表が行われた。

■ハイライト

  • 会見者 千葉眞氏(国際基督教大学特任教授)/広渡清吾氏(東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)/佐藤学氏(学習院大学教授、東京大学名誉教授)/高山佳奈子氏(京都大学教授)/内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授)/池内了氏(名古屋大学名誉教授)/横湯園子氏(元中央大学教授、元北海道大学教授、臨床心理学)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です