憲法改正・国民投票のルール改善を! テレビCMは投票運動に不公平、資金力で放映量に大差!!「洗脳・意見映像広告で国民の思考の自由を侵害」「お金のない人には言論の自由もなくなる」との懸念も 2017.5.30

記事公開日:2017.5.31取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年5月30日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、ジャーナリストや作家、議員、研究者らが参加し、「5.30 国民投票のルール設定を考える円卓会議」が開催された。

■ハイライト その1

■ハイライト その2

  • 参加者 今井一氏(ジャーナリスト、『「憲法9条」国民投票』著者)、本間龍氏(作家、『原発プロパガンダ』『原発広告』著者)、堀茂樹氏(フランス文学・哲学研究者、慶應大学名誉教授)、南部義典氏(法学者、『超早わかり 国民投票法入門』著者)、宮本正樹氏(映画監督、脚本家、劇映画『第9条』が公開中)、三宅雪子氏(元衆議院議員)、田島泰彦氏(法学者、上智大学文学部新聞学科教授)、斎藤貴男氏(ジャーナリスト、『ルポ改憲潮流』著者)、糟谷廣一郎氏(元『週刊金曜日』副編集長、行政書士)、浮田哲氏(羽衣国際大学教授、元毎日放送ディレクター)、岩崎貞明氏(メディア総研事務局長、『放送レポート』編集長)
  • 日時 2017年5月30日(火) 17:15~
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事