高江・ヘリパッド建設に反対する市民を機動隊が殴るのは「適切な警察活動」!? 民進党・初鹿明博衆院議員が防衛省・警察庁を追及! 高江現地へのヘリによる輸送品内容も明らかに 2016.9.28

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:川島安乃、文:須原拓磨)

 「(機動隊が市民を)殴っている動画が出ているんだから、少なくとも殴った本人の事情聴取なり、しないとおかしいと思いますよ。明らかに犯罪ですよ」――。

 高江ヘリパッド建設に反対する市民らを強制排除した「Xデー」の7月22日、機動隊は、車の屋根に乗る市民らを次々に引きはがし、現場は大混乱になった。この日、機動隊が市民を殴った模様は、YouTubeにもアップされている。

■ハイライト

  • 議題 沖縄ヘリパッド移設工事について
  • 日時 2016年9月28日(水) 9:30~
  • 場所 衆議院(東京都千代田区)

 2016年9月28日(水)、民進党国会対策委員会による関係省庁へのヒアリングが行われ、民進党・初鹿明博衆院議員が、7月22日の機動隊による暴力について、防衛省・警察庁を厳しく追及した。初鹿議員が、「(機動隊が市民を)グーで殴っているのが映像で存在している」と問うと、警察庁・警備局警備課長の原和也氏は、「適切な警察活動を実施している。そのような暴行は行われていないという風に承知している」と弁解。これに対し初鹿議員は、「(機動隊が市民を)殴っている動画が出ているんだから、少なくとも殴った本人の事情聴取なり、しないとおかしいと思いますよ」と厳しく指摘し、「明らかに犯罪ですよ。ただ立っているだけの人間を殴っているんだから」と反論した。

ヘリコプターによる輸送品一覧

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です