「貧困叩きは今すぐやめろ!」「税金使って貧困なくせ!」AEQUITAS(エキタス)が主催する「生活苦しいヤツは声あげろ 貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ」 2016.8.27

記事公開日:2016.8.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:城石裕幸・西原良太 文:西原良太)

※8月29日テキストを追加しました!

 貧困状態にある子どもは、声をあげることすら許されないのか。

 2016年8月18日にNHKニュース7で放送された「子どもの貧困特集」の取材を受け、貧困の実態を訴えた女子高校生が、インターネット上で心ないバッシングを受けている。

 NHKの報道によると、この女子高校生は母子家庭で育ち、デザイン系の仕事を希望しているが、経済的理由により進学を諦めざるを得ない状況にあるという。その女子高校生が、マンガ本などを所持していたというだけで、「そんなの貧困じゃない」とバッシングされ、私生活を詮索された。

 その上、自民党の片山さつき議員が、ネット右翼として著名な人物のツイッターを参考に「そんなの貧困じゃない」という意見に賛同。さらに、「NHKに説明をもとめ、皆さんにフィードバックさせて頂きます!」とツイッター上で発言し、女子高校生に対するバッシングに拍車をかけた。

▲片山さつき氏のツイート

▲片山さつき氏のツイート

 それに対して8月21日頃から、ツイッター上で「#生活苦しいヤツは声あげろ」というハッシュタグ(情報を共有するための目印)が広まり、市民の間で広まる貧困の現状が可視化され、注目を集めた。

 さらに8月24日、格差是正と貧困解消を求める若者グループ「AEQUITAS(エキタス)」がツイッター上で、貧困バッシングに対する抗議を表明する緊急デモを告知した。

 そして8月27日、「生活苦しいヤツは声あげろ 貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ」が東京都新宿区の新宿駅で開催された。

 開催のわずか3日前に告知されたにもかかわらず、当日は500人(主催者発表)もの市民が集まり、注目の高さをうかがわせた。デモには、作家の雨宮処凛氏、ジャーナリストの安田浩一氏、社民党副党首の福島みずほ参議院議員らが駆け付けた。参加者はドラムのリズムに合わせて、インターネット上で横行する貧困バッシングと、それを扇動した片山さつき議員に対する抗議の意思を表明した。

■ハイライト

  • デモコース アルタ前 → 新宿大ガード → 新宿駅西口 → 新宿駅南口 → 明治通り・伊勢丹前 → 四季の路(新宿遊歩道公園)
  • タイトル AEQUITAS 生活苦しいヤツは声あげろ 貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ
  • 日時 2016年8月27日(土)19:00〜
  • 集合場所 新宿アルタ前(東京都新宿区)
  • 主催 AEQUITAS(エキタス)(詳細、Twitter)

AEQUITASの栗原氏、「一連の貧困バッシングは許されるべきでない」「間違っているのは片山さつき議員と、それと一緒になってあなたを叩く人達だ!」

 最初に主催者の一人、AEQUITASの栗原氏がスピーチした。栗原氏はデモを開催した理由について、次のように述べた。

 「自分の家の中にまでカメラを入れて、実名を出して貧困を訴えた高校生に対して、『捏造だ』などと言って叩く人達と、それを批判もせず、さらには当事者のお金の使い方に文句をつけたり、『事実を調べます』などと、私生活を調べようと発言をした片山さつき議員への怒りがあったからです」

▲AEQUITASの栗原氏

▲AEQUITASの栗原氏

 そして以下のように続けた。

 「貧困を訴えた高校生は今どんな気持ちでいるでしょうか。僕にはわかりませんがとにかく、『あなたは何も間違っていない、間違っているのは片山さつき議員と、それと一緒になってあなたを叩く人達だ』と伝えたいです。

 権力を持った政治家が、貧困を訴えた人に対して、私生活を調べ、金の使い方に文句をつける、これは人権問題だと思います。『貧困は恥ずかしいことだ』そういう風潮をさらに広め、当たり前の権利を訴えることをさらに困難にする行為です。それは生死につながる行為です。しかも、『ライブや映画や外食に行ける人は生活に困っていない人だ』そう言っています。

 生活に困っていたら、ライブや映画に行っちゃいけないのでしょうか。友達と飲みに行ってはいけないのでしょうか。そんなことはないはずです。

 生活に困っていたって、いや、困っているからこそ、明日なんとか生きていくための糧を得たい、そう思うのは自然のことでしょう。

 そのささやかな余裕は、人間らしい生活に不可欠な、当たり前のもののはずです。

 一連の貧困バッシングは許されるべきでない。そして、怒っている人がいるんだって、そういうことを可視化して、バッシングしている人たちを包囲して、社会的に孤立させていかなければいけないと思います。今日はそのためのデモです。一緒に歩きましょう」

作家の雨宮処凛氏、2012年に片山さつき氏が扇動した生活保護バッシングについて「悪夢」と批判!貧困に陥っている人に対して「ここでちゃんと味方がいるということを伝えていきましょう」

 続いて、貧困問題に精力的に取り組んでいる作家の雨宮処凛氏がスピーチした。

 「今日は、AEQUITASが緊急にこのようなデモをやってくれるということで、うれしくて駆けつけました」

▲雨宮処凛氏

▲雨宮処凛氏

 「2012年にも片山さつきさんは、あるお笑い芸人の家族の生活保護受給をきっかけに、厚生労働省に調査を依頼して、ただの一芸人の家族の問題を政治のトップに引きずり上げて、それによって『生活保護バッシング』がメディアでものすごく起きて、私の身近な人が支援している生活保護受給者の方は、自殺をしました。それ以外にも本当にスーパーに買い物に行けなくなったり、鬱がひどくなったり、そういう事態を4年前に見ているので、また、悪夢がよみがえっています。

 とにかく本当に、貧困者の人に『甘えている』だとか、『黙っていろ』というような、そういう声に屈することなく、ここでちゃんと味方がいるということを伝えていきましょう」

ジャーナリストの安田浩一氏、「可能性を閉ざしたり、選択肢を狭めるような社会は絶対に許せない」

 続いて、ジャーナリストの安田浩一氏がスピーチした。安田氏は2012年、片山氏が生活保護バッシングを煽った際に、片山氏と生活保護についての対談をおこなっている。

 「ジャーナリストの安田浩一です。僕は今、とっても腹が立っているわけですよ。可能性を閉ざしたり、選択肢を狭めるような社会に対して、本当に頭にきているわけですね。と、言いますのは、これを後押しするような政治家がいる、そしてこれを後押しするような社会の一部の空気がある、本当にこれは絶対に許せないわけです」

▲安田浩一氏

▲安田浩一氏

 「僕は長いこと外国人労働者の取材をしてきました。外国人労働者は、例えば90年代には、『従順に』『おとなしく』『経営者に文句を言わずに』働いている時は、『お客様』だったわけです。ところがいったん、今自分の働き方が『労働法に違反しているんだ』と気づき、権利主張を始めた途端に、『敵』になるわけです。

 こんな、権利主張をすることによって『敵』になるような社会は、あってはいけないと思うし、これは貧困の問題につながるわけですね。

 貧困のかたちだって様々なわけです。色々なかたちがある。そして色々なかたちの中で苦しんでいる人たちがいるということ。そこに想像力の働かないような政治家、社会は断じて許せない。

 今、片山さつきさんのお名前が出ましたが、私、数年前に週刊誌の対談を片山さつきさんとしているんですね。その時、片山さつきさんと僕の間で、生活保護に関する話をしました。

 片山さんがなんとおっしゃったかというと、『最近ね、生活保護の申請に来る女性の中に、アクセサリーをしている人がいるのよ』そういう話をしたんです。ふざけるなよという話です。しかし、こうした(貧困者はアクセサリーを身につけることすら許されるべきでないという)空気は、片山さんだけではない。政治家の中に、社会の一部に、確実にある。

 何かを排除し、叩きおとすような社会は絶対にあってはいけないと思います。僕たちは、様々なかたちの可能性を持ち、様々な選択肢を持つ。こうした社会が必ず実現するように、そして未来を信じる自由が誰にでもあるように、一緒に声を上げていきましょう」

社民党の福島みずほ参議院議員「政治は、格差を是正し、貧困をなくすことにこそ、努力をすべきではないでしょうか」

 最後に、社民党の福島瑞穂参議院議員がスピーチした。

 「格差拡大と貧困は、政治こそが取り組むべきテーマではないでしょうか。今週も、時給が1000円をきっている保育士さん、非正規雇用、公務員、『とっても暮らしていけない』そんな話を聞きました。郵便配達の22歳の男性は、『時給が1000円をきっているから、とっても本当に暮らしていけない、彼女が『旅行に行こう』というけど、そんなことはできない。国会は何をしてくれているんですか』そういうことを私たちは話し合いました」

▲社民党の福島みずほ参議院議員

▲社民党の福島みずほ参議院議員

 「片山さつきさんの発言はおかしいですよ。政治は、格差を是正し、貧困をなくすことにこそ、努力をすべきではないでしょうか。

 貧困について、例えば『生活が苦しい』と言った途端にバッシングを受ける、外食をしているとかバッシングを受ける。こんなことを許したら、誰も、貧困や『生活が苦しい』という声をあげられなくなってしまいます。

 こんなバッシングはおかしい。私たちは、格差を是正し、貧困をなくすため、そして最低賃金1500円以上を目指す、そんなことを一緒にやっていきましょう。私も、国会の内外でがんばっていきます」

「貧困叩きを絶対許すな!」「片山さつきは議員を辞めろ!」ドラムに合わせて訴える!

 スピーチが終わった後、「生活苦しいヤツは声をあげろ」と書かれた横断幕を先頭に、デモが出発した。

▲新宿の街を歩くデモ隊

▲新宿の街を歩くデモ隊

▲シュプレヒコールする参加者

▲シュプレヒコールする参加者

 参加者は、ドラムに合わせて「貧困叩きは今すぐやめろ」「貧困叩きを絶対許すな」と訴えた。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です