まるで「戒厳令」〜無法状態の沖縄・高江!根拠を示さず市民を弾圧する警察・機動隊の実態! 2016.8.18

記事公開日:2016.8.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄米軍北部訓練場のヘリパッド新規建設計画をめぐり、地元・東村高江区では、住民らが毎朝のように建設反対の抗議行動を行っている。

 全国から集められた機動隊や沖縄県警は、道路を封鎖したり、運転中の市民らの車を強制的にレッカー移動したりするなどして、住民らの抗議行動を抑圧している。弁護士が法的根拠を問いただすも、現場の機動隊員らは説明を拒否。高江では、まるで戒厳令でも敷かれたかのような無法状態が続いている。

 以下の動画は2016年8月9日から11日にかけて取材・中継した現場の様子のハイライト動画である。

■全編動画

  • タイトル****
  • 日時 2016年8月9日(火)~8月11日(木)
  • 場所 沖縄・高江(沖縄県東村)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です