ヘイトスピーチを繰り返してきた桜井誠氏の選挙陣営が街宣で「『朝鮮人を殺せ』などと叫んだことはない」と虚偽発言! ~自民党・小池百合子候補と在特会の関係も明らかに! 2016.7.27

記事公開日:2016.7.28取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※7月29日テキストを追加しました!

 主要候補3人の動向ばかりが連日報道される東京都知事選挙。しかし、都知事選に立候補しているのは、小池百合子氏、鳥越俊太郎氏、増田寛也氏の3人だけではない。

 18歳選挙権が先の参院選から始まり、この選挙が初めて社会問題に興味をもつきっかけとなったという人もいるだろう。そうした有権者に、候補者に関する情報を正しく伝えるのが、マスコミの役割ではないのか。

 今回の都知事選には、これまでにさんざん外国人や障害者への差別行動や差別発言を繰り返し、何度も裁判沙汰になってきた、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠氏が立候補している。

 在特会、桜井誠、こうしたキーワードにピンとこない方々にも、ぜひ、彼やその団体が何をしてきたのか、その目で確かめていただきたい。

 今回IWJは、東京選挙管理委員会に電話取材。担当者は、「選挙だからヘイトスピーチをしても良い、ということはありません。場合によっては、罰則の対象に該当することも考えられます」と明言した。

 これまで在特会は、一部の「おかしな人たち」による特殊な行動だと思われてきた。しかし、今、差別や排外主義を煽るこうした行動を繰り返す在特会と、政権与党の自民党との間に、にわかに”つながり”が見えてきた。

 自民党を批判しつつ党を除名されていない小池百合子候補、自民党の推薦を全面的に受ける増田寛也候補、どちらも在特会と「無縁」ではない。有権者の方々には、こうした点にもよく注意して、都知事を選んでいただきたい。

■ハイライト

■全編動画

    ▲2016年7月27日 桜井誠氏の街頭演説

  • 日時 2016年7月27日(水) 18:00~
  • 場所 JR亀戸駅北口付近(東京都江東区)

京都朝鮮学校襲撃事件、徳島県教職員組合襲撃事件など、差別行為を繰り返してきた桜井誠氏が都知事選に立候補

 ヘイトスピーチ対策法が施行される以前から、在特会の行動は司法の場で人権侵害であるとの認定を何度も受けてきた。

 2009年、京都朝鮮第一初級学校の前で、「日本から出て行け」などと拡声器を通してヘイトスピーチを行なった京都朝鮮学校襲撃事件では、幹部らが逮捕され、京都地裁により在特会の街宣は制限された。

 2010年には、徳島県教職員組合が四国朝鮮初中級学校へ寄付をしていることを受け、在特会が組合事務所に侵入、「詐欺罪」「朝鮮の犬」「売国奴」などと怒鳴り散らした。この事件では、在特会の行動が「人種差別」であると、高松高裁が認めた。

 こうした事件や判決を背景に、2016年5月24日、衆院本会議で「ヘイトスピーチ対策法」が可決、成立した。法の成立をもって、「ヘイトスピーチ」は「法律違反」の犯罪になった。  違法な「人種差別」を繰り返す「在特会」。その会長を、2007年1月から2014年11月まで務めた桜井誠氏は今回、東京都知事選の候補として名乗りを上げた。

ヘイトスピーチを繰り返してきた瀬戸弘幸氏、「桜井誠は『朝鮮人を殺せ』などと叫んだことはない」と虚偽発言!

 桜井氏は自らのオフィシャルサイトに、「政策」と称して「外国人生活保護の廃止」「都内の不法滞在者を半減」「韓国学校建設中止」などを掲げる。「政策」と称するそれらは、暴力的な言葉こそ慎重に使っていないものの、「外国人はこんなにずるい、こんなにひどい、こんなに悪い」と強調するばかりの、不寛容な憎悪の扇動である。

 2016年7月27日、東京・亀戸駅前で街宣をした桜井氏およびその陣営は、IWJが取材に来ていることを知ると、「桜井への個人的な質問はするな」と演説の前に釘を刺してきた。さらに、一般参加者への取材の最中には、瀬戸弘幸氏がわざわざ駆けつけてきて、「IWJは桜井誠を誹謗中傷している放送局だ!」などとわめきながら、取材を妨害した。

▲(右から)桜井誠氏、瀬戸弘幸氏

▲(右から)桜井誠氏、瀬戸弘幸氏

 IWJのインタビューを妨害した瀬戸弘幸氏は、これまでにもブログで差別排外主義を扇動し続け、名誉毀損で裁判も起こされてきた。この人物は、演説時間をわざわざ前倒しして、選挙演説そっちのけで街宣カーの上から次のように騒いだ。

▲IWJの取材を妨害する瀬戸弘幸氏

▲IWJの取材を妨害する瀬戸弘幸氏

 「そこにIWJという”極左”のインターネットの放送局の人間が来ていますが、その放送局がなんと言っているか。『桜井誠が公道で、「朝鮮人を殺せ」と叫んでいる。容疑者にならないのは、まだ殺していないからだ』(※)。そういうことをぬけぬけと放送している! そんなこと叫んでいませんよ」

160727_321193_03

 「そんなこと叫んでいませんよ」とは、とんでもない虚偽発言である。桜井氏がこれまでに「朝鮮人を皆殺しにしろー!」「日本が嫌いな韓国人、女でもいい、出てこい! 絞め殺してやるから出てこいよ! ぶち殺してやるから出てこい!」「コリアンタウンを焼き尽くせー!」などと、公道でさんざん怒鳴り散らしてきたのは、記録にも残る確かな事実である。

■桜井氏らのヘイトスピーチ動画(※この動画は、非常に下品で暴力的な言動が多く含まれているので、閲覧する際は十分注意してください)

 その後、同じく街宣カーの上から、「外国人参政権に反対する会」東京代表や「従軍慰安婦の嘘を許さない女性の会」事務局長などを務める村田春樹氏、都知事選出馬候補の桜井誠氏が、繰り返しIWJを指差しながら名指しし、「左翼メディア」と騒ぎ立てた。

「容疑者にならないのは、まだ殺していないからだ」と岩上安身がツイート――相模原で障害者19人を殺害した犯人と桜井氏の思想の共通点

 桜井氏が暴言を吐き散らしてきた相手は、外国人だけではない。障害者など、社会的弱者に対しても、「死ね」などの言葉を繰り返し吐いてきた。

■桜井氏らが車いすの男性に暴言を吐く動画

 岩上安身の、「(相模原の)容疑者と桜井誠との違いは、『まだ殺していない』点だけだ」というツイートは、2016年7月26日、神奈川県相模原市緑区千木良(ちぎら)の知的障害者施設「津久井やまゆり園」(社会福祉法人かながわ共同会)で、26歳の元職員の男が19人を殺害した事件を踏まえている。

 逮捕された元職員の男性は、「障害者はいなくなればいい」という供述をしているという。自分たちと違う相手、自分たちが強気に出られる相手に対し、不寛容で傲慢な目を向ける点が、桜井氏ら差別主義者の言動と、なんら異ならない。

「選挙だからヘイトスピーチをしても良い、ということはありません。場合によっては、罰則の対象に該当することも考えられます」――東京都選挙管理委員会の担当者がIWJの取材にコメント

 今、都知事選の街宣カーの上から桜井氏は、「外国人生活保護の廃止」「都内の不法滞在者を半減」「韓国学校建設中止」などを掲げ、相変わらず暴言を吐きつづける。7月22日の有楽町前で行われた街宣では、「日本には現在、8万人におよぶ現代慰安婦がいくらでもごろっごろしてるんですよ、タチンボが。身体をひさぐとんでもない韓国女がゴロゴロ転がっている」などと述べていた。

■2016年7月22日有楽町での桜井誠氏の街宣

 こうした発言は、ヘイトスピーチではないのか? 選挙に立候補した人間なら、誰でも好き放題、拡声器を通して暴言を吐いてもいいのか?  IWJが法務省の人権擁護局にたずねると、担当者は次のように述べた。

 「ヘイトスピーチとはこういうものだ、と一概に述べることはできません。自分の人権が侵害された、という親告があり次第、それが人権侵害にあたるかどうかを判断します」  桜井氏の街宣を聞いた人からの親告さえあれば、桜井氏の言動が人権侵害であると認定される可能性がある。

 同じく、IWJが東京都選挙管理委員会に取材すると、公職選挙法の担当者は、次のように述べた。

 「何を言っても公職選挙法上何も問題がないか、というと、難しいです。選挙だからヘイトスピーチをしても良い、ということはありません。場合によっては、罰則の対象に該当することも考えられます」

 実際にヘイトスピーチであるかどうかを判断するのは、警察だというが、桜井氏の発言がヘイトスピーチだと判断される可能性は、十分にある。岩上安身のツイートに対して、桜井氏の「ネトウヨ仲間」たちは、「選挙妨害だ」と言いがかりをつけているが、公職選挙法に引っかかりかねないのは、桜井氏らの方である。

産経新聞は桜井氏の発言を無批判に掲載――襲撃事件、「悪いことをやったとは思っていません」

 そんな桜井氏の実像や、これまでの言動・行動について、マスコミは都知事選報道の中でほとんど報じていない。実際、厄介で面倒な存在はスルー、ということなのだろうか、桜井氏の街宣の現場には、マスコミのカメラは一つも見当たらなかった。

 本来であれば、立候補している人物がどのような人物なのかを有権者に伝えるのが、マスコミの仕事の一つである。産経新聞が、告示日直前に桜井氏へのインタビューを掲載したが、その内容は、京都朝鮮第一初級学校の襲撃など、裁判沙汰になった過去の事件について「悪いことをやったとは思っていません」と述べる桜井氏のコメントを、そのまま載せているだけで、批判やメディアとしての検証・論評は一切ない。これでは、桜井氏の言い分そのままの垂れ流しであり、有権者に正しい情報を伝えているとは言えない。

 桜井氏の言動に批判を加えることは今、非常に重要である。なぜなら、外国人や社会的弱者への差別発言は、一部の「おかしな人たち」だけにとどまるものではないことが明らかになってきたからである。

在特会とのつながりが次々明らかになる自民党議員 小池百合子候補は在特会系の講演会で講師を務めた過去!

 在特会とのつながりが明らかになっているのは、自民党議員たちである。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“ヘイトスピーチを繰り返してきた桜井誠氏の選挙陣営が街宣で「『朝鮮人を殺せ』などと叫んだことはない」と虚偽発言! ~自民党・小池百合子候補と在特会の関係も明らかに!” への 1 件のフィードバック

  1. 振休の男 より:

    小池百合子が在特と接点があったとしても、思い付き・付け焼き刃の選挙公約を記者会見で語るような鳥越俊太郎を都知事に選んで良いわけありません。

    右翼・保守を批判するのは結構ですが、左翼も稚拙過ぎます。幼稚な左翼しかいないから、有権者は保守を選択するしかありません。

    左翼であっても無能な政治家はお断りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です