イラク戦争検証報告書情報公開訴訟シンポジウム 日本とイギリスのイラク戦争検証―イラク戦争とは何だったのか 2016.7.16

記事公開日:2016.7.17取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年7月16日(土)、東京都千代田区の専修大学神田キャンパスにて、「イラク戦争検証報告書情報公開訴訟シンポジウム 日本とイギリスのイラク戦争検証―イラク戦争とは何だったのか」が開催された。

■ハイライト

  1. イラク戦争検証情報公開訴訟と情報公開文書
    出口かおり氏(弁護士、イラク検証報告書情報公開訴訟弁護団)/三木由希子氏(情報公開クリアリングハウス理事長、専修大学非常勤講師)/コメント 礒野弥生氏(東京経済大学教授、情報公開クリアリングハウス理事)
  2. セッション 日本とイギリスのイラク戦争の検証―イラク戦争とは何だったのか
    笠原敏彦氏(毎日新聞編集編成局紙面審査委員兼編集委員)/柳澤協二氏(国際地政学研究所理事長、元内閣官房副長官補)/高安健将氏(成蹊大学法学部教授)(※高安氏発言部分は映像には含まれていません)
  3. イラク戦争の検証と報告書をイギリスはどう受け止めたのか
  • タイトル イラク戦争検証報告書情報公開訴訟シンポジウム 日本とイギリスのイラク戦争検証―イラク戦争とは何だったのか
  • 日時 2016年7月16日(土)14:30〜17:00
  • 場所 専修大学神田キャンパス(東京都千代田区
  • 主催 情報公開クリアリングハウス/共催 自由人権協会 (JCLU)、専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科(詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です