「市民でこの選挙に勝つ!これまでの受動的な選挙は僕らの求めているものじゃない」~聴衆で埋め尽くされた東京・有楽町イトシア前で市民と野党党首が合同街宣 2016.6.19

記事公開日:2016.6.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年6月19日(日)午前、東京都千代田区有楽町イトシア前にて、「みんなのための政治を、いま。市民+4野党党首有楽町大街宣」が行われた。 

 岡田克也・民進党代表、志位和夫・日本共産党委員長、吉田忠智・社民党党首の3党首が、SEALDsの奥田愛基氏、溝井萌子氏と手を取り合って参院選での野党共闘をアピール。生活の党の小沢一郎共同代表は、米沢隆・元民社党委員長の葬儀に参列するため、直前に参加を断念した。

 この日、市民連合によって設置されたひな壇の上には、野党共闘を実現させた市民たちが聴衆の側を向いて立ち並び、それをバックに演説する各党首の姿は、清新な印象を作り出した。

 また、ミュージシャン佐藤タイジ氏、沖野修也氏、中田亮氏、玉井夕海氏らが登壇、投票を呼びかける曲を披露した。「VOTE 4 UR LOVE & FUTURE」と題されたこの曲は、作詞・作曲の佐藤タイジ氏が著作権を放棄、近日中にフリーダウンロードできる予定だという。

■ハイライト

  • スピーチ 山口二郎氏(市民連合、立憲デモクラシーの会、法政大学教授)/吉田忠智氏(社会民主党党首、参議院議員)/志位和夫氏(日本共産党委員長、衆議院議員)/岡田克也氏(民進党代表、衆議院議員)/溝井萌子氏(市民連合、SEALDs)/高田健氏(市民連合、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)/辻仁美氏(市民連合、安保関連法に反対するママの会)/SEALDs/T-nsSOWLほか
  • タイトル みんなのための政治を、いま。市民+4野党党首有楽町大街宣
  • 日時 2016年6月19日(日)10:30〜
  • 場所 有楽町イトシア前(東京都千代田区
  • 告知 SEALDs POSTサイト

※6月24日追加しました。 

 佐藤タイジ(シアター・ブルック)と、DJ沖野修也(キョート・ジャズ・­マッシヴ)がタッグを組み、SEALDsをフィーチャーした、キャン­ペーン・ソング『VOTE 4 UR LOVE & FUTURE』を発表し、選挙における投票を広く呼びかけている。また、この曲は無料配信&著作権放棄により、誰でも自由に使えるようになっている。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です