データで振り返る「大阪ダブル選挙」~9割の有権者が「都構想を誤解」したまま行われた選挙を検証する~ 2016.2.24

記事公開日:2016.3.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月24日(水)、大阪府大阪市の大阪市立大学文化交流センターにて、「豊かな大阪をつくる」学者の会主催による、「データで振り返る「大阪ダブル選挙」~9割の有権者が「都構想を誤解」したまま行われた選挙を検証する~」が行なわれた。

■ハイライト

  • 報告者 藤井聡氏(京都大学大学院教授/公共政策論、国土・都市計画)、村上弘氏(立命館大学教授/行政学・地方自治論)、薬師院仁志氏(帝塚山学院大学教授/社会学)、森裕之氏(立命館大学教授/地方財政学)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です