2016/02/08 岩上安身による『金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス』著者 本山美彦・京都大学名誉教授インタビュー(動画)  

記事公開日:2016.2.8
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月8日、東京都港区のIWJ事務所において、『金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス』の著者で、京都大学名誉教授の本山美彦氏に岩上安身がインタビューを行った。

■イントロ動画

  • 日時 2016年2月8日(月) 14:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)
このアーカイブの完全版は、IWJサポート会員のみ閲覧・視聴ができます。
サポート会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、
お手数ですが office@iwj.co.jp までお問い合わせください。

■岩上安身によるインタビュー記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2016/02/08 岩上安身による『金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス』著者 本山美彦・京都大学名誉教授インタビュー(動画)

  1.  本山美彦名誉教授のお考えは、マルクス、カントに対する私の感じ方とほとんど同じです。マルクスの剰余価値などに対しては、評価できません。しかし、彼の社会改革に向ける情熱は、高く評価できます。カントについては、量子力学の相対性理論対する優越が、カント哲学の優秀さを証明しています。今の新自由主義は、使用価値をあざわっらた交換価値が、使用価値によって笑われる結果になります。金融資本の塊は、偽りの仮想社会に倒れるゴジラの様に思います。この頃、トルストイの民話の数々が時代の道しるべの様に感じます。資本主義の金利を求める欲望が、自らを滅ぼすのです。彼らの最大の弱点は、最後の審判の信仰です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です