【緊急アップ!】「警察は右翼団体を利用しているのでは」暴力行為を黙認した沖縄県警の不可解な対応――安保法制の成立翌日、辺野古新基地建設に反対する座り込み行動440日目に起きたテント襲撃事件  

記事公開日:2015.9.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「何で目の前で壊しているのを止めないんだ!なぜ、逮捕できないんだ!テントを壊しまくっているのに」

 辺野古の新基地建設に反対する座り込みの抵抗が開始されて1年が過ぎた。座り込み抗議が440日目を迎えた2015年9月19日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前ではおなじみの光景となった市民らのテントが、右翼団体に襲撃された。テントは荒々しく破壊され市民の一人は顔面を殴られるなどし、事態の悪化を防げなかった警察の対応に批判の声が上がっている。

「日思会」メンバーらの暴言や破損行為を映した現場映像

 午後6時頃、街宣車に乗った右翼の男女約20名が辺野古テントに押しかけた。右翼は「日思会」を名乗る沖縄の団体で、これまでも座り込みの市民らに罵詈雑言を浴びせるなど繰り返してきた。最近では毎日、テント周辺に現れていたという。

 日思会のメンバーらは、ゲート前近くのバス停で飲酒しながらテントに挑発を繰り返し、午後10時半頃になるとカッターナイフを手に、本格的にテントを襲撃。横断幕などを切り裂き、「お前ら日本人じゃねーだろ!」「殺すぞ!」などと怒鳴り声をあげながら、テントを破壊して回った。その様子の一部は市民らが撮影した動画で確認できる。

顔を殴られるという暴力行為も黙認した警察

 日思会のメンバーは午後6時頃、カッターナイフを持ってテント内に現れた。身の危険を感じたという市民らは名護警察署に通報。救援を要請したが、キャンプ・シュワブ内に常駐する警察官が現場を確認したところ、「問題なし」と判断。その後、午後8時にも再び車を囲まれるなどして、市民らは断続的に挑発を受け続けたという。

 実際にパトカー2〜3台が現場に駆けつけたのは深夜0時頃。テントがかなり破壊された後だった。あまりにも初動が遅すぎる。刃物を振り回し、暴れている人間がいるというのに、なぜ、すぐに対応しないのか。市民らがこの日、名護署に救援を求めたり、110番通報した回数は13回にも及んでいた。

 「これだけのことをやったんだから、かなりの数が逮捕されるだろうと思っていました。だから殴られても、どうにか手を出さずぐっと堪えたんです」

テント内にあった椅子やテーブルが見るも無惨になぎ倒されている
▲テント内にあった椅子やテーブルが見るも無惨になぎ倒されている(20日深夜撮影)

 右翼の男に頬を殴られたという49歳の男性は、昨年7月から座り込み抗議に参加している。その日はテントにいなかったといい、報告を受けてすぐ現場に急行した。到着したのは午後11時50分頃。すでにテント内のテーブルや椅子などが壊されていたが、男性が到着した時、警察の姿は見当たらなかったという。

 「現場に到着して仲間から話を聞きました。警察が対応してくれないということで、米軍基地の中にいる警察を呼びに行ったんですよ。そうしたら、基地から出てきた警察3人が慌てて私を止めました。私が『何で、右翼を逮捕しないんだ』と言ったら『そんな話は聞いてない』と」

 その後、合計8人くらいの警察が現場対応にあたったというが、テントをなぎ倒したり、フェンスに張られた横断幕を切り裂くという破損行為を警察は本気で止めることがなかったという。男性が顔を殴られた場面も警察は現認していたというが、それさえも事実上、黙認された。

IWJ女性記者も負傷「今まで見てきた警察とは違う」

フェンスに張られていた横断幕も切り裂かれた
▲フェンスに張られていた横断幕も切り裂かれた(20日深夜撮影)

 現場で取材にあたったIWJの女性記者も「酔っ払った右翼が市民に突進してきたが、警察がしっかり拘束しないから、何度も何度も、繰り返し突進し続けてきた」と証言した。動画を確認しても、警察の対応の甘さゆえに、事態の収拾がついていないのが見て取れる。

 女性記者も、右翼に突き飛ばされ、小指に怪我を負った。警察に助けを求めたが、警察はビデオカメラを回しているだけで、一向に助けてもらえなかった。「今まで見てきた警察とは違う」と感じたという。

 これまで警察は、辺野古新基地建設に反対する市民の抗議行動を、たびたび力で制圧してきた。腕を掴んで拘束する、二人がかりで取り押さえる――市民らが非暴力であるにも関わらず、である。

 しかし今回、警察は、刃物を振り回す右翼を拘束しないばかりか、右翼をテントに居座らせたまま放置し、テントに近づこうとする市民らのほうをブロックした。まるで襲撃者を守りにきたかのような、信じがたい行動だった。

 また、この日もキャンプ・シュワブの敷地内には2台の機動隊車両があった。機動隊は、辺野古の工事を阻止しようとする市民対策として連日待機しているのだが、この日、ようやく機動隊員が車両から出てきたのは午前1時半頃。すでに右翼の襲撃が落ち着いたタイミングだった。

 機動隊は2時間以上ものあいだ、何をしていたのか。

 「我々が警備しているのは辺野古工事に関する事業であって、市民と右翼の衝突は任務外だ」とでもいうのだろうか。本来、市民を守るはずの立場であるはずの警察が、刃物を振り回す暴漢ら暴力行為を黙って眺めていた。これは大問題である。

弁護士の見解「警察は右翼の暴力行為を利用したのでは」

20日早朝、警察は市民立ち会いのもと、実況見分を行なった
▲20日早朝、警察は市民立ち会いのもと、実況見分を行なった

 もしこのような事態が場所を変え、繁華街などで起きていたらどうか。13回にも及ぶ110番通報をなぜ軽く受け止め、目の前で起きている破損行為を警察は事実上、黙認したのか。男性は「警察はある程度目をつむっているのでは」と指摘した。

 「午後4時から右翼団体は街宣活動をして、テント周りで嫌がらせを繰り返していました。そして、空き地に車を止めて酒盛りを始めた。トラブルが起こらないわけがないですよ。110番や名護署に連絡していたのは10回以上。

 目の前でばんばんテントを壊されているのに、警察は私と目も合わせない。警察は『仲裁に入ってます』と言っていましたが、あっちがべろんべろんになって刀も振りかざして、バナーも切り裂いている状況で、何が『仲裁』かと。こちらは一方的な被害者だと。それでも警察はまともに取り合わない状況でしたよ」

 今年2月、座り込み抗議の現場で指揮をとってきた山城博治氏が、米軍が引いた境界線を超えたという理由で身柄を拘束された事件があった。その際、山城氏の釈放を名護署に求めるなどした弁護団の一人、三宅俊司弁護士に、今回起きた襲撃事件について話を聞いた。

 「警察は十分に警戒すべきでした。右翼のメンバーたちは広場で酒盛りをしていた。警察の判断は甘かった。しかも、甘かっただけではなく、(右翼を)利用しているんじゃないかという感じがしますね」

 三宅弁護士は負傷者が出る事態に発展する前に、安全を確保するのが本来の警察の姿だと指摘。それをしなかった警察は、右翼団体の威圧的行動を容認し、利用しようとしたのではと推測した。

 「テントをどけたいのが警察の意向でしょうから、刑事事件になるまでは放っておいて、右翼団体を使って威圧をし、市民に恐怖感を与えてそれを利用する。これでもし市民側が実力で右翼のメンバーを排除しようとすれば、市民側も捕まりますよ。そうしないために、市民は警察に頼らざるを得ない。威圧を加えて行きながら、警察の存在感を示していくという面もあるのではないでしょうか」

 市民に傷を負わせ、テントを破壊した右翼団体のメンバーらは、「テントの設置は違法だ」と自らの破損行為を正当化している。それについて、三宅弁護士は次のように反論した。

 「それよりも何よりも違法な(基地建設)工事を継続させている警察ですね。住民を排除して違法な工事を継続させているのは警察ですから。反対運動は表現活動の一つとしてやっているわけですから、憲法で保障された権利だと思っています」

「適切に対応した」を繰り返すだけの名護警察署

 テントが見るも無惨に破壊され、負傷者が出るに至るまでなぜ、警察は右翼の暴力行為を止めなかったのか。IWJは名護署に電話取材した。

 不適切な対応に批判が相次いでいることについて、応対した担当者は「適切に対応した」の一点張りで、まともに答えようとしなかった。

 テントを破壊し、襲撃を終えた右翼らは近くの広場で朝方まで堂々と睡眠をとってから辺野古をあとにした。結局、名護署は20日、傷害と器物損壊の疑いで同県西原町我謝の土木作業員宮平安人容疑者(40)ら3人を逮捕。同容疑者は「やっていない」と否認しているという。

 安保法制の成立翌日に右翼団体がテントを襲撃する、という出来すぎたタイミングに、警察の態度の豹変。強引で暴力的な手口で安保法制の採決を強行した安倍政権と、あまりに連動した動きのように思える。

 一方、破壊されたテントは20日午前、即座に500人の市民が集まり修復作業を行なった。沖縄県民の民意を象徴する辺野古テントは、元の姿でその場所にある。

(原佑介、ぎぎまき)

IWJの沖縄スタッフは、自分自身の判断で現場へ急行し、突き飛ばされ、怪我を負いながら、勇敢に暴行の現場となる映像をおさめ続けました。IWJは体を張った取材を各地で続けています。誰かが現場で取材し、報じなければ、こうした理不尽な事件は闇に葬られてしまいます。
IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


8件のコメント “【緊急アップ!】「警察は右翼団体を利用しているのでは」暴力行為を黙認した沖縄県警の不可解な対応――安保法制の成立翌日、辺野古新基地建設に反対する座り込み行動440日目に起きたテント襲撃事件

  1.  映像を見て石垣新空港建設反対派を警察署に連れ込んで警察官が暴行し、反対派の一人が警察官にアタマを蹴られて頭蓋骨陥没になった日本テレビのドキュメント映像を思い出した。1980年代初頭のことであったが、その後石垣島へは東京の右翼団体である日本青年社の人間が行き、反対派住民をトラックでひき殺した上で、家屋を破壊した。右翼はいつでも自民党の手先であり、警察が右翼の綱領を書くなど一体化してきた。余談だが、日本青年社は石原慎太郎との深い関係で知られ、顧問に偽有栖川がすわったこともある、某ヤクザの外郭団体だ。
     戦後この動きが顕在化したのは、1960年の60年安保からであり、当然ながら岸信介の意向がかなりあるといってよい。当時、右翼団体には自民党からカネが出ていたとの証言を近所の寿司屋さんから聞いた。そのすし屋さんの友人が右翼団体に入ったのだが、自民党からカネを貰っていたので馬鹿らしくなってやめたのだそうだ。
     上記の例を持ち出すまでも無く、戦前戦中戦後と右翼団体と政府は一身同体の動きを続けてきた。戦前から有るのはスト破りにヤクザを使った例で、これは自民党の結党とも縁が深い児玉誉士夫もやっていたそうである(故赤尾敏談)。しかし、赤尾敏でさえ集会の邪魔をしに来て騒いだりして、形勢不利になると警視庁本富士署に逃げ込んだそうだ(故田中清玄談)。戦前から警察と右翼は一体化していたのだ。
     もうひとつ例を出すと、昭和が終わろうとしている頃に昭和天皇の戦争責任を追求する動きがあちこちで出てきたことがあった。代々木公園付近での演説をしていた人に、右翼団体の人間が暴行をした事件があった。暴行直前まで警察がおり、警察が居なくなると同時に暴行を働いたので警察の強い関与が疑われた事件だった。
     在特会を保護するような警察の警備が印象に残っている人も多いだろう。その在特会の高田(活動名は何故か桜井)誠は引退を宣言したのだか、何故か最近復活し安倍の意志である安保法案賛成デモをやった。第一次安倍内閣誕生と同時に活動が始まったことは偶然ではないようだ。
     安倍といい岸といい、何故か右翼団体と主張が重なる。これはたまたまだろうか、カネを出して右翼団体を作らせているのではないのか。税金にたかる形になる武器を自衛隊に売りたい財界からカネが出て、それが自民党経由でカネが右翼団体に流れているのではないのか。
     60年安保の時に当局がヤクザに右翼団体を作らせたり、自民党がカネを出していたのは衆知の事実である。ヤクザは親分の命令は絶対なので勝手に襲撃することは無いし、何の利益も無いのにやるはずが無い。命令があったのだ。自民党ヤクザ右翼のつながりで襲撃が行われたと思う。利益享受者である自民党が全く関与していないと云うことは無いだろう。ジャーナリストは傍証を調べるべきである。警察の捜査はあまりあてにはならないので。
     

     

  2. 直接は関係ない話だが、twitter情報によると、元大手インターネット会社役員からの情報で、ネトウヨ(エセウヨ)のIPアドレスたどってみると、大半はE社のものだったらしい。E社は電通の子会社で、自民党が電通経由でE社の雇った大量のアルバイトに、与党批判を封じ込めるために攻撃させているのが実態なんだと。

  3.  お忙しいのにすみません。質問です。
     沖縄県警の警察官って形式的には沖縄県の職員ですね。
     私も退職するまでは公立中学校の教員でしたから,形式的には都道府県の職員。でも教育職に対しては都道府県や市町村の行政が直接にはタッチしないで,教員については教育委員会がいろいろいってくる,という形でした。(最近悪い形で,教育委員会の制度が変わりましたが)
     で,ここからが質問の本題です。
     県警に対して,県知事が「市民の生命・安全をきちんと守りなさい」という指示を出すことは可能なんでしょうか?
    それとも,(少し前までの)教育職に対するように,一般行政が,直接には警察に指示できないんでしょうか?
     私も,一瞬疑問に思いました。が,すぐに,“警察組織は,多分,別系統で,警察庁の直轄なんだろうな。(給料は都道府県から出てるんだけどな。)” と思って,そのままになっていました。
     でも,「元左翼??」のような感じのある人が「知事がなぜ県警に指示を出さないんだ? これは・・・」のようなことをネットで発言しているのを見ました。
     IWJのみなさんがすごい責任感をもって行動・報道されていて,大変お忙しいのは分かってますが,ネット上ではある程度アクセス数もある人の発言なので気になった次第です。IWJは信頼できるところなので,質問しました。お忙しかったらスルーしてもらっていいです。  お忙しいところ申し訳ありません。

  4. そもそもテントが違法だからこそ、警察も対応に苦慮したのでしょうが。
    都合よく事実を捻じ曲げる組織はいりません。
    一沖縄県民として非常に迷惑です。

  5. まあ元々不法に占拠した人達ですから、不法に撤去されても、不法者同士のトラブルであり、ヤクザの抗争と一緒です。

    どっちもどっち。

    沖縄の左翼や本土から沖縄にやってきた左翼も、レーザーで航空機の操縦席を照射したり、ワイヤーで凧を揚げて航空機の墜落を誘発しかねない不法かつ危険きわまりない行為を繰り返し、カッターやハサミを持って私有地のフェンスにテープを巻いたりしていたわけです。
    「テープを切断するための刃物だから・・・」という言い訳は通用しません。凶器を持って私有地に不法侵入した事実は一緒ですから。
    一方的に暴力云々を言うなら、沖縄左翼も同罪です。

    遵法精神のない左翼も右翼も御免です。

  6. この度の米軍機へのレーザー照射事件、それ以前の米軍滑走路へ向けて、風船を飛ばす…。
    ひとつ間違えば市街地に航空機が墜落し、何百人もの沖縄市民への被害が出る事を全く考えずに
    「墜落すれば面白いぞ」と、でもばかりに犯罪行為を行い

    抗議と称し主要道路に寝そべり、深刻な交通渋滞を引き起こし、沖縄の市民の生活を妨害し
    緊急車両の往来すらままならぬ状況を作り出し
    あまつさえ、公道の上に何の許可もなく違法なテントを張る
    そして、これらを非難すれば

    「右翼だ!」

    ・・・リベラルってのは、どんな違法行為を行っても許される、優等人種ですか?
    アーリア人種様ですか?

    襲撃した人達も人達だが、あなた方に問題があるからこう言う結果になるんじゃないんですかね

  7. 右翼団体ではありませんし、

    暴力行為にも反対ですが、

    テントの設置は違法だと思いますし、

    あなた方の手段には到底賛同できません。

  8. 何か今日も基地に用があって向かってみると、凄いですね(笑)まず私は日本人の女ですけど、基地に入る際には必ず中指立てられますし、あーこの方達は日本の為にやっている訳では無いんだなあ、卵とか車に投げられたらいやだな(笑)とか思いながら運転してます。元々私は右翼でも左翼でも無いし中指立てられてファックユーと言われても、はいはいで終わる話ですが、まず辺野古の住民すらこの方達が住民の生活水になるダムに用を足したり路駐で道は狭くなって邪魔だし、テントも違法だし運転してる前に急におじいちゃんが出てきて足止め食らったり、もちろん基地反対って仰ってる方の意見を聞いて納得する事や住民にとっては良い事もあるかも知れないですが、もう右翼左翼の前に、良い歳なのだから本当に何か訴えかけたいのであれば住民に迷惑行為をしたところで賛成者が増えないのは目に見えているはずだし、理性を保ちどこをどうすれば耳を傾ける人が増えるべきなのかと考慮し効率的に行動すべきだと…と思いますね。私はまだ21歳で未熟者だから語る権利は無いのかも知れないですが、こんな人達を少なからず沖縄の子供も見ていますよね、悲しいなって思いますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です