【緊急アップ!】「安倍政権NO!」首相官邸、国会周辺で7万人が大抗議 警察の過剰規制に立ち往生する参加者も 2015.7.24

記事公開日:2015.7.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:ぎぎまき・川島安乃・芹沢あんず・青木浩文・相原一晴、写真:原佑介、
ハイライト作成:古田晃司、記事構成:佐々木隼也)

 「憲法違反の安保法制」を衆院で強行採決してから10日、週明けにはいよいよ参院で審議入りする。専門家からは「クーデター」との指摘もあがっている安倍政権の進め方に、世論の不信は高まり続けている。2015年7月24日、首相官邸、国会周辺に7万人(主催者発表)の国民が集まり、抗議の声をあげた。

▲安保法制のほか原発やヘイトスピーチなど、様々なテーマから「安倍政権NO!」を訴えた

 この日は、毎週金曜日に国会前で抗議行動を主催している「SEALDs」や、同じく金曜日に首相官邸前で声を上げている「首都圏反原発連合」などが、「安倍政権NO!」を一致点に、連携して大規模な抗議行動を行った。

 国会前でスピーチした大学3年生の芝田万奈さんは、「憲法が守れない政府は、『この道しかない』と言って安倍政治を肯定しようとしています。平気で憲法違反するこの国の政府に、どうして国際社会の平和を構築することができるのでしょうか」と疑問を投げかけた。

 抗議は日を追うごとに警察の交通規制は厳しさを増し、参加者の多くは何度も足止めや迂回を迫られた。酷いケースでは、国会前に辿り着くのに2時間以上を要するほどだった。

記事目次

【ハイライト動画(8分)】

参院審議で政府と対峙する野党議員もスピーチ 「これはクーデターだ」

▲国会前では「SEALDs」メンバーが声を枯らしてコールを叫んだ

 国会前ステージでは、参議院で安保法制の委員として審議に加わる、社民党の福島みずほ議員と、民主党の小西洋之議員が駆け付け、スピーチした。

 福島議員は冒頭、安倍政権について「集団的自衛権の行使を初めて合憲とした内閣。戦後最悪の内閣です」と痛烈に批判。「安倍総理、あなたの上に憲法があるのであって、あなたの下に憲法があるのではない。憲法が、憲法だと分からない総理には退陣してもらいたい」と強い口調で訴えた。

 続いてマイクを握った小西議員も、「安保法制はもう政治なんかじゃない。国民のみなさんの憲法を、安倍総理と一部の官僚が取り上げて、みなさんの憲法を蹂躙して、できるはずのなかった戦争を解禁する、クーデターなんです」と批判。政府が、「歴代内閣が集団的自衛権行使を合憲としていた証拠」としている「昭和47年見解」の嘘(※)を指摘したうえで、「安倍総理のやっていることは頭の先からつま先までインチキだ」と厳しく断じた。

(※)「昭和47年見解」は、その見解を作成した張本人である吉國一郎・内閣法制局長官(当時)が、この政府見解の基となった2週週間前の国会質疑で、「憲法9条をいかに読んでも他国の防衛までやるとは読み切れない」と明言。集団的自衛権の行使を完全に否定している。その他にも、この見解の数々のインチキについて小西議員は岩上安身のインタビューで詳細に解説している。

村山元総理「かつては戦争をしない国として感謝された」

 抗議では、元総理大臣の村山富市氏もマイクを握り、しっかりとした口調で批判を展開した。

はっきりとした口調で若者に訴えかけた村山元総理

 「私は総理大臣をやっている時に、アジアの国や中東の国を訪問しました。中東の国を訪問して、私は誇らしく胸を張って挨拶しました。『みなさん、どこで紛争があっても、どこで戦争があっても、そこで使われている兵器のなかには、メイド・イン・ジャパンはありませんよ』と。『日本は戦争をしない国、戦争に加担しない、それが日本の国です』と。そういって僕は胸を張って演説しました。

 だからみなさんは言いました。日本は戦争に加担をせず、生活のためになるようなことや、インフラの整備や、橋を架けたり、職業安定所を作ったりと協力してくれる。日本の国はありがたいと言って、感謝をしました。それでいいじゃないですか」

大学3年生の芝田万奈さん「平気で憲法違反する政府に、どうして国際社会の平和を構築できるのか」

 「SEALDs」メンバーの一人、大学3年生の芝田万奈さんはスピーチで、「安倍晋三さん、私はあなたに底知れぬ怒りと絶望を感じています」と語った。

▲「安倍総理に手紙を書いてきました」国会を見据えて読み上げる万奈さん

 「先週、衆議院安全保障特別委員会で安保法制がクーデターと言われる形で強行採決されました。沖縄では県民同士を争わせ、新たな基地建設が進められています。鹿児島では安全対策も不十分なまま川内原発を再稼動させようとしています。一方で東北には仮設住宅暮らしを4年以上続けている人たちがまだ沢山いらっしゃいます。

 あなたはこの状況が美しい日本の姿だと言えますか。アメリカは自由と民主主義のためとして世界中に基地を構えて、紛争地域を占領し、市民の生活を脅かし、そして911の後に対テロ戦争として無差別殺人を繰り返してきました」

 安倍総理の掲げる「美しい国」と現実の落差を訴えた万奈さんは、同じく総理の掲げる「積極的平和主義」の欺瞞を指摘した。

 「憲法が守れないこの国の政府は、『この道しかない』とか言って安倍政治を肯定しようとしています。平気で憲法違反するこの国の政府に、どうして国際社会の平和を構築することができるのでしょうか」

「まずは米国の手伝いで、自衛隊を戦争に」

 「安倍総理は狂っているとしか思えない」——。

 官邸裏で抗議していた中年男性は、IWJのインタビューにそう語った。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“【緊急アップ!】「安倍政権NO!」首相官邸、国会周辺で7万人が大抗議 警察の過剰規制に立ち往生する参加者も” への 4 件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

     このデモに関しては、土日くらいは移動できる仮説トイレ等を置いてデモできるエリアを広げるべきでしょう。もちろん、自動車の通行は大幅に制限すべきで、土日だから規制していいんです。それが民主主義国の基本だからでも有ります。
     安部晋三氏はデモに対しても何とも思っていないと思う。だからこそ、デモ出来るエリアを広げるべきで、それが電波メディアを規制しまくった安部晋三内閣がやる義務だと思う。電波メディア規制の見返りも無いようでは、ナチスと言われても反論は誰からも認められない。

  2. 仲秋 澄長 より:

    民主党は与党時、何回強行採決したのかねぇ。
    面白かったのは、騙して野党議員を帰郷させてから採決したことだわ。
    こりゃ爆笑ものだったよ。

  3. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    2015/07/24 「安倍政権NO!」首相官邸、国会周辺で7万人が大抗議 警察の過剰規制に立ち往生する参加者も http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254574 … @iwakamiyasumi
    自民・公明、そして警察に対する怒りが治まらない。これが民意だ、「国民なめるな!」
    https://twitter.com/55kurosuke/status/624687631524204544

  4. rabbitfwot より:

    この日の過剰交通規制や日比谷からの参加を妨げるような封鎖を地図にして分かりやすく教えてください。
    また次もするだろうからそれへの対抗策として、また、恣意的な規制の不当さを訴えるにもアピールすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です