安冨歩先生の授業「石井紘基氏と特別会計改革」 ~石井ターニャ氏、岩上安身 2012.7.12

記事公開日:2012.7.12地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根かんじ)

  2012年7月12日(木)17時より、東京・文京区の東京大学本郷キャンパス内、東洋文化研究所で、「安冨歩先生の授業」が行われた。岩上安身が、東大東洋文化研究所3階大会議室の安冨歩先生の授業に侵入した。故石井紘基議員の実娘で政治文化研究所代表・石井ターニャ氏も同席し、3人で、故石井紘基氏が追求していた特別会計の真相と欠陥を説明し、将来の日本を築くための方策などを探りあった。

■イントロ

 冒頭、岩上が、安冨歩氏の新刊『幻影からの脱出』について紹介するとともに、この講義をみて、レポートを提出すると安冨先生から東大の単位がもらえる、一般人でも可能、と説明した。また、石井ターニャ氏とのつながりを語った。

 岩上が「財政危機は本当なのか?特別会計の情報の隠ぺいなどがおこっているにもかかわらず、増税をしようとする。それにメディアも乗じて推し進める。消費増税は、可処分所得の1か月分はなくなる、そういうことがわかっているのか」と話した。ターニャ氏が「特別会計のことがわかったのは、父が亡くなって1年後、財務省がホームページに国の借金と、発表して知られるようになった。怖いことは、それまでの経済学者や専門家たちが、国の経済などを分析していたが、彼らは、開示された情報だけで分析し、それが正しい論説になっていたこと。それまでは、国家予算は闇に包まれていた」と話した。


コメント “安冨歩先生の授業「石井紘基氏と特別会計改革」 ~石井ターニャ氏、岩上安身

  1. >「では、変えるにはどうしたらいいのか。役所のなかにも、日本を憂いている官僚も知っているが、日本をよくしようと言うと、同僚官僚から、なぜ日本を良くしなくてはいけないのか、と言われてしまう」と指摘した。
    >安冨氏は、ドクターロマンの例え話をした。「つまり、ウソで固めて、バレそうになったら関係者を殺してしまった、という実話だが、今の日本も、そうなる可能性もある。悪行がばれそうになったら、尖閣問題とか、戦争などで、ウヤムヤにする可能性は大いにある」。ターニャ氏は「父も、いつも公団などを検察に告発していたが、すべて却下されていた。今、政府は、国政調査権を縮小させようという動きがある」
    https://youtu.be/3aAOtNDjEyw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です