マスコミ九条の会・日本ジャーナリスト会議が、秘密保護法廃止と安倍総理退陣を求め記者会見 2014.1.14

記事公開日:2014.1.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 マスコミ九条の会と日本ジャーナリスト会議(JCJ)は「秘密保護法廃止・安倍政権退陣を求める共同行動」の記者会見を1月14日、日本記者クラブで行った。この共同行動は、マスコミOBら62名が呼びかけ人となり、そして更なる賛同人を募り大きな運動にしていくためのものとして立ち上げられた。

■ハイライト

  • 発言者
    「たいまつ」 発行人 むのたけじ氏(元朝日)、作家 澤地久枝氏(元中央公論)、ジャーナリスト 原寿雄氏(元共同通信)、国立音大名誉教授 小林緑氏(元NHK経営委員)、ドキュメンタリー作家 吉永春子氏(元TBS)、経済評論家 内橋克人氏(元神戸新聞)、クレヨンハウス代表 落合恵子氏(元文化放送)、他

運動組織・団体と「横つながり」を作って「新しいカタチ」を作りたい

 会見で、呼びかけ人でもあるマスコミ九条の会の桂敬一氏は、「労働組合の大きな上層団体があってそれが政党と手を繋ぎ、政党の系列化あるいは労組の系列化といった縦の系列で、大きな運動の母体という恒常的な組織が作れるという状況は今はない」と指摘。「これからは、例えば反原発組織で、あるいは反貧困運動組織などといった、それぞれでやっているにも関わらずバラバラでやっている団体と我々とが横に繋がっていく活動ができないかと思っている。これを地道にやっていき、お互いの運動領域を超え、運動の目標が違っていても今のこれだけの全体的な状況の悪化を招いている安倍政権の退陣に対し全部一致できるだろう」と、今後の活動について期待を述べた。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“マスコミ九条の会・日本ジャーナリスト会議が、秘密保護法廃止と安倍総理退陣を求め記者会見” への 1 件のフィードバック

  1. 上嶋 明彦 より:

    秘密保護法廃止! 集団的自衛権行使容認反対!
    国家安全保障基本法案反対! 憲法改定阻止!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です