特定秘密保護法、自民・公明が地方公聴会を強行 公述人3人のうち2人が賛成 「むしろ遅すぎる」との意見も 2013.12.4

記事公開日:2013.12.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府・与党が12月6日の会期末までの成立を目指す特定秘密保護法案。同法案を審議している参議院国家安全保障に関する特別委員会が、埼玉県さいたま市大宮で地方公聴会を開催した。民主党、みんなの党、日本維新の会は、与党側の委員会運営が強引だとして反発。公聴会を欠席した。

 公聴会に意見公述人として出席したのは、元陸上自衛官の川上幸則氏、株式会社ラック・サイバーセキュリティ研究所所長の伊東寛氏、埼玉弁護士会副会長の山崎徹氏の3人。川上氏、伊東氏は同法案に賛成の意見を、山崎氏は反対の意見をそれぞれ述べた。

記事目次

■ハイライト

■会場外での抗議行動(14:15~ 35分間) 

■警官隊ともみ合い(15:03~ 2時間14分) 

  • 日時 2013年12月4日(水)
  • 場所 市内ホテル(埼玉県さいたま市)

他国との「ギブアンドテーク」のため法整備が必要

 前陸上自衛隊化学学校長の川上氏は、化学物質製造の研究が行われていた現場にいた経験を踏まえて意見を陳述。化学物質の研究に関して、米国や英国とは「ギブアンドテークの関係」にあり、その関係の維持のためには秘密を保護する枠組みが必要であると述べた。

 続いて意見を求められた伊東氏は、サイバー攻撃への防衛の観点から同法案の必要性を主張。伊東氏はサイバー攻撃の現状について、「非常に危機的な状況」と指摘。「一年以上サイバー攻撃を受けていても気がつかない企業もあり、気がついても、株価への影響を恐れてその事実を公表してほしくないという企業も多い」と語った。

 さらに伊東氏は、「国の安全保障に関することなのだから、罰則10年以下では軽すぎると思う」と述べ、「特定秘密」を国会議員や公務員が漏洩した場合、より厳しい罰を課すべきだと主張した。

「”人権抑圧法”は廃案を」との声も

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

■埼玉Ch1


“特定秘密保護法、自民・公明が地方公聴会を強行 公述人3人のうち2人が賛成 「むしろ遅すぎる」との意見も” への 3 件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

     自民党と公明党は、ある時期から運命共同体になったが両党は政府とも情報を共有しているのだろうか。両党が運命共同体に成ったのは、創価学会に国税局が査察に入ったり、一億円以上入った金庫を捨てたのが発覚したり、日蓮正宗の僧侶が創価学会員に誘拐されて6億円を請求されたりした事件の後のことだ。金庫に入っていたのは当時は2億円と報道されていたと記憶している。創価学会のメインバンクが東京三菱UFJで銀行はなく三菱銀行だった時代の話です。
     自公が連立する前は、自民党が池田大作氏を国会に呼ぶと息巻いており、明らかに自民党により公明党=創価学会は弾圧の対象とされていた。渡辺善美の父である渡辺美智雄は弾圧の急先鋒の一人だった。そういう経緯が有っての国税査察では有った。創価学会に価格が定かではない絵画問題も有ったりして、怪しいカネの動きが有ったとされていたのも事実だ。だが、絵画により賄賂を贈るのは保守系すなわち自民党議員なら国会議員にとどまらず、都道府県市区町村議員に至るまでよく有った話ではある。
     創価学会はいつから公安警察や公安調査庁の監視対象団体から外されたのか、外されたとしたらその経緯と自公連立の関係はどうかなど今回の動きとの関連を知りたいものである。

  2. takokuro より:

    どうも、、捻れさせられ、しかも報道はメチャクチャのようで、真相を伺うのにnetを検索し、うまく本当らしい情報に出会えればラッキーだし、できなければ、モンモンとわけがわからないまま、流されて行く。。。
    今の日本は、共産党大門実紀史が最もらしくのたまうような、レベルでの個人情報の危機ではない!
    阪神大震災以降の3set法案(介護事業法、成年後見人法、保護者選任法)で、
    日本人の多くが人権を奪われた中で、身内どころか家族にも連絡が取れない状態に置かれてるテロ社会、ホロコースト社会であることを
    まるで見えないふりして、見えてる森まさこ大臣に飛びかかったりしてる危険人物が、
    マスコミの前で最もらしく!放射能や戦争を持ち出して、
    答弁してる異常な国会であること。。
    彼らがもっと突っ込むべきところは、本当に実験動物化されてる中高年や若者の入院者ではないか?
    3set法案により、実は家族とも友人ともバラバラにされ、やみにふされて別人の成りすましが本人の職業を続けてるから、
    何もかもが空洞化され、プロがいない社会となってしまってる。。
    TTP!
    アホくさ!そんな高度な取引できる日本の状況ではないでしょうが。
    それより、国民が毒のない食事をできるようにするだけで、障碍者や不妊が減り、
    節税になりますよ!いい加減、共産党に巣食ってるテロ人脈をはたき出せばいい!
    戦前、共産主義を赤として危険視した理由がよくわかる。。
    彼らのエリート意識が巨大なテロ資本に一番弱いから?
    戦後の「日本」共産党の党員だけが高齢化しつつも昔の健全性を維持してる状態?
    党で選ぶ時代でなくなってる、、蝕まれた党員がどの党の政治家にもいる時代、、それを精査する情報が必要。。

  3. takokuro より:

    伊藤氏は三権分立を持ち出されてるが、、今の日本で、三権分立なぞ形式にすぎない状態にまで
    日本社会が独裁状態であるということ、、、
    伊東氏自身が少し、海外育ちなのか、言葉が外国人的だし、
    日本人が今、どのような目にあってるのか見て見ぬ振りして、
    美味しいとこどりをして、この一大事である国家の危機についての軍事機密について、
    日本人の立場で言ってる。。
    しかし、、共産党議員の鈍化があまりに甚だしく、しかも見て見ぬ振りし保身とおべっかに回っていては、、
    昭和期阪神大震災前までの日本共産党の輝かしい功績は、地に落ちたということになってるのでは。。
    ああ、それにしても絶望に次ぐ絶望。。ー野党がこんなだったら、お先真っ暗じゃない!
    しっかりした人材を出してきなさい!
    美人なんか必要ありません!
    国会は劇場じゃないのですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です