竪川弾圧裁判「Tシャツが政治的」との理由から入廷拒否 被告人不在のまま懲役1年の判決 2013.11.19

記事公開日:2013.11.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:IWJ 石川優、記事構成:IWJ 佐々木隼也)

 暗黒裁判なのかーー。江東区の竪川河川敷野宿者への強制執行に抗議して逮捕された園良太氏らへの公判が、11月19日、東京高裁で本人不在のまま行われ、一審で下された懲役1年・執行猶予3年のまま、控訴棄却となった。

 2012年2月8日、江東区役所は竪川河川敷公園の野宿の小屋に対し、行政代執行を行った。翌日、これに抗議するために江東区役所を訪れた園氏らは、区役所側との押し問答の末、「器物損壊罪」とされた。検察は「威力業務妨害罪」に切り替え、園氏を起訴。一審で懲役1年・執行猶予3年が言い渡された。

■全編動画

 これを不服として10月3日に東京高裁で行われた控訴審では、裁判長は被告人である園氏ら3名を法廷から退出させたうえで、証人や証拠を全て却下した。

一枚のTシャツをめぐり、被告を裁判所から閉め出し

 19日(火)の判決当日。園氏らは無罪要求と弾圧抗議のデモ行進を行い、その後、東京高裁前で抗議行動を行った。

 抗議後、被告である園氏が裁判に出席するため裁判所内に立ち入ろうとすると、警備員から園氏らが着ていた「YES!抗議 NO!排除!」という文言が書かれたTシャツが「政治的メッセージである」と指摘され、裁判の傍聴を拒否された。

 被告人不在のまま、園氏には一審が下した、懲役1年・執行猶予3年の判決が言い渡されてた。

 園氏は抗議で、裁判所の周辺には、検察庁・警察庁・警視庁・公安調査庁・法務省があり、検察庁とも人事交流しているため、目線が検察寄りになると主張し、「地理的にも三権分立なんて嘘だ」と訴えた。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です