国民怒りの声 第24回参議院議員選挙 開票センター 2016.7.10

記事公開日:2016.7.12取材地: 動画

 2016年7月10日(日)、東京都港区内に設けられた、国民怒りの声 第24回参議院議員選挙 開票センターより開票中の模様を中継した。


国民怒りの声 街頭演説 2016.7.9

記事公開日:2016.7.9取材地: 動画

 2016年7月9日(土)16時より、東京都渋谷区の渋谷駅ハチ公前国民怒りの声 街頭演説が行われた。


政治団体 国民怒りの声 憲法改悪を許さない総決起集会 〜応援 樋口陽一・東大名誉教授、湯川れい子氏 2016.7.8

記事公開日:2016.7.9取材地: 動画

 2016年7月8日、東京都千代田区のTKPガーデンシティ永田町にて、政治団体 国民怒りの声 憲法改悪を許さない総決起集会が開催され、参院選比例区候補の小林節氏(国民怒りの声代表、慶應義塾大学名誉教授)、橋本勉氏(元衆議院議員)、渡辺良弘氏(医師)、杉本志乃氏、吉田晶子氏、荒木大樹氏、大西さちえ氏、立川光昭氏、平野道子氏らが演説を行った。また、樋口陽一・東大名誉教授、音楽評論家の湯川れい子氏が応援に駆けつけた。


国民怒りの声「小林節を囲む政談演説会」(大阪) 〜白井聡氏、尾立源幸氏、美川憲一氏ほか 2016.7.2

記事公開日:2016.7.3取材地: 動画

 2016年7月2日(土)19時より、大阪市北区の総合生涯学習センターで国民怒りの声個人演説会「小林節を囲む政談演説会」が開かれ、ゲストに招かれた政治学者・白井聡氏(京都精華大学専任講師)や参院選大阪選挙区・尾立源幸候補(民進党、現職)、歌手の美川憲一氏がスピーチを行った。


国民怒りの声 小林節代表 街頭演説(京都四条河原町、京大正門前) 2016.7.1

記事公開日:2016.7.2取材地: 動画

 2016年7月1日(金)、10時30分より四条河原町にて。11時45分より、京大正門前にて、国民怒りの声 小林節代表 街頭演説が行われた。


国民怒りの声 小林節代表 街頭演説(新大阪、梅田) 2016.7.1

記事公開日:2016.7.1取材地: 動画

 2016年7月1日(金)、大阪市の新大阪駅前(淀川区)および梅田HEPナビオ(北区)で「国民怒りの声」の街頭演説会が行われ、代表の小林節氏ら参院選比例区候補者が支持を訴えた。


政治団体「国民怒りの声」小林節候補街頭演説 2016.6.28

記事公開日:2016.6.28取材地: 動画

※日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!~関連記事・動画期間限定フルオープン!

 2016年6月28日(火) 、神奈川県藤沢市のJR辻堂駅北口にて、政治団体「国民怒りの声」小林節候補の街頭演説が行われた。


「本当に私は、この世の危機だと思っている」と深刻な危機感をあらわにする小林節氏!「政治の決断で、戦争準備型予算から、民生中心予算へ変えていく!」~国民怒りの声、国会前で第一声! 2016.6.22

記事公開日:2016.6.22取材地: テキスト動画

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト
※日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!
※6月23日テキストを追加しました!

 2016年6月22日、小林節氏率いる「国民怒りの声」が国会議事堂前で第一声をあげた。多くの候補者らが人混みの多い街中を第一声の場所として選ぶ中で、なぜ小林氏は、人もまばらな閉会中の国会前をあえて選んだのか。


小林節氏「公示日からは人が変わったように吠えまくるつもりだ」〜「国民怒りの声」記者会見 、参院選候補予定者2名を発表! 2016.6.17

記事公開日:2016.6.18取材地: 動画

 2016年6月17日17時より、東京都港区のニュー新橋ビルにて、「国民怒りの声」の記者会見が開かれ 、参院選候補予定者の渡辺良弘氏と吉田晶子氏2名の擁立が発表された。


‎国民怒りの声 関西キックオフ集会 出席者 小林節代表 2016.5.30

記事公開日:2016.5.31取材地: 動画

 2016年5月30日(月)、大阪市北区の大阪府立国際会議場で、「‎国民怒りの声 関西キックオフ集会」が開かれ、代表の小林節氏が設立趣旨および今後の活動方針について説明した。


新党「国民怒りの声」は「野党支援型・落ち穂拾い型政治団体」~参院選への立候補を表明した慶應大名誉教授・小林節氏に岩上安身が直撃インタビュー 2016.5.12

記事公開日:2016.5.12取材地: 動画独自

 2016年5月12日(木)、 東京都千代田区の日本プレスセンターにて、参院選への立候補を表明した慶應大学名誉教授の小林節氏に岩上安身が直撃インタビューを行った。


【速報!】小林節・慶大名誉教授が参院選に出馬表明! 政治団体「国民怒りの声」を結成、「改憲勢力に3分の2議席を取らせない」 2016.5.9

記事公開日:2016.5.9取材地: テキスト動画

 5月9日(月)14時より、慶應義塾大学名誉教授の小林節氏が記者会見を開き、今年夏の参議院選挙に比例区から立候補することを表明した。同時に、政治団体「国民怒りの声」設立を発表。安保法の廃止、辺野古新基地建設の中止、TPP再交渉、原発の廃止、憲法改悪の阻止などを主要政策として発表した。

 今後、「空に向かって」(小林氏・談)候補者を公募し、参院選比例代表で10人以上の候補者擁立を目指す。選挙資金は、米民主党のバーニー・サンダース氏にならい、「クラウドファウンディング」方式で集める予定だという。

 小林氏は直筆で書いた設立宣言を読み上げた後、早々と記者からの質問に応じた。


【スクープ速報!】自分の出馬も「ありうる」と重大発言! 「私の人生にタブーないもの」〜「さくらの木」を提唱した小林節氏が急転直下、頓挫した「さくらの木」構想からの離脱を宣言、同構想に代わる新団体を設立し「参院比例区に10人の独自候補を擁立する」可能性を明言! 2016.4.11

記事公開日:2016.4.11 テキスト動画

 「出馬もありうる。それしか選択肢がなければ。私の人生タブーないもの」——。  

 2016年4月8日、慶応大学名誉教授の小林節氏は、IWJの取材に応え、今夏の参院選にむけた「確認団体」の立ち上げと、自身の立候補の可能性に言及した。

 小林氏は「30%以上ある無党派層を投票所に向けるような『ワクワク感』を作らなければ。10人で無党派の受け皿を作り、参議院比例区で立つ」と明言。小林氏がこの構想を明らかにするのは、IWJが初めて。