市民の会しが政策フォーラム第1回 翁長さんの遺志を受け継ぎ沖縄県民と連帯する県民の集い/平和に踏み出した朝鮮半島 ―私たちはどう向きあうのか 河かおる氏(滋賀県立大学教員)ほか 2018.8.26

記事公開日:2018.8.26取材地: 動画

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しがによる第1回政策フォーラムが、「翁長さんの遺志を受け継ぎ沖縄県民と連帯する県民の集い」「平和に踏み出した朝鮮半島―私たちはどう向きあうのか」の2部に分けて、2018年8月26日(日)13時半より滋賀県近江八幡市で開かれた。第2部では滋賀県立大学教員の河かおる氏が講演した。市民の会しがは参院選挙に向け政策提言をまとめるための政策フォーラムを今後月1回程度開催する予定。


朝鮮半島に平和を!キャンドルアクション Part 2(名古屋・栄) 2018.5.26

記事公開日:2018.5.30取材地: 動画

 2018年5月26日(土)19時より愛知県名古屋市の久屋大通公園希望の泉前にて、朝鮮半島の平和を願う「朝鮮半島に平和を!キャンドルアクション Part 2」が開催された。


急展開する朝鮮半島情勢 今後の行方は!? 米朝の対立解消は可能か!? ~4.24岩上安身による東京新聞論説委員・五味洋治氏インタビュー 2018.4.24

記事公開日:2018.5.1取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年4月24日(火) 14時半より東京都港区のIWJ事務所にて、東京新聞論説委員の五味洋治氏に岩上安身がインタビューを行い、急展開を見せる朝鮮半島情勢について話を聞いた。


朝鮮半島に平和を Globalキャンドルアクション(名古屋・栄) 2018.3.31

記事公開日:2018.3.31取材地: 動画

 2018年3月31日(土)19時より、名古屋市・栄のスカイル前で「朝鮮半島に平和を Globalキャンドルアクション」が行われた。米日韓出身の呼びかけの市民らが朝鮮半島の平和を訴えてスピーチを行った。


圧力一辺倒の安倍政権は世界で孤立した存在に?!「これからは市民外交の時代!」~3月13日ソウルで開催の「朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護のための日韓市民平和シンポジウム」を前に記者発表 2018.3.7

記事公開日:2018.3.7取材地: 動画

 2018年3月7日(水)14時より東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護のための日韓市民平和シンポジウム(於・ソウル市)に関する記者発表が行われた。


朝鮮半島危機の解決には、日韓朝の「非核化」と米中ロの「消極的安全保障」による「北東アジア非核兵器地帯」の実現を! 岩上安身によるNPO法人ピースデポ代表・田巻一彦氏インタビュー 2017.10.18

記事公開日:2017.10.19取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年10月18日(水) 15時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身によるNPO法人ピースデポ代表・田巻一彦氏インタビューが行われた。


半田滋氏「安倍総理は不勉強か嘘つきか」。朝鮮半島有事に自力で邦人と在韓米軍家族を救出するプランが20年前から存在した!? 2014.5.28

記事公開日:2014.5.31取材地: テキスト動画

 「安倍総理の会見をみて、理を情で流していこうというのがはっきりわかって嫌な気持ちになった」

 第10回目となる「集団的自衛権を考える超党派の議員と市民の勉強会」が5月28日、参議院議員会館で開かれた。この日、講師として迎えられたのは東京新聞論説委員兼編集委員の半田滋氏だ。

 半田氏は安倍総理が会見で「紛争国から逃れようとする母子の絵が書かれたパネル」などを使って集団的自衛権の必要性を訴えたことを、「首相が情に訴えかけて国のかたちを変えるのはいかがなものか」と批判し、安倍総理の用いるロジックが適切かどうか、一つひとつの事例を検証した。


【IWJ特報!119・120・121・122号】旧日本軍による隠されたジェノサイドの真実 ~北海道大学名誉教授・井上勝生氏インタビュー(ePub版発行しました!)

記事公開日:2013.12.31

★有料メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」最新号を発行しました。日清戦争の裏で行われた、朝鮮半島での「ジェノサイド」(大虐殺)の真実とは?

「まぐまぐ」「ブロマガ」でご購読いただけます。(月額840円、初月無料)

以下、冒頭部分を特別公開!


伊豆見静岡県立大教授、「北朝鮮のミサイル発射の可能性は49%」―日本外国特派員協会主催 記者会見「朝鮮半島情勢について」 2013.4.10

記事公開日:2013.4.10取材地: 動画

 北朝鮮のミサイル発射への備えを強化するため、日本政府は都内に地対空誘導パトリオット「PAC3」を配備するなど、朝鮮半島情勢は緊迫している。

 4月10日、外国人特派員協会に3人の有識者が招かれ、それぞれの見解を述べた。唯一日本語で発言した静岡県立大学の伊豆見教授は、「ミサイル発射の可能性は49%」と予測した。