京都平和遺族会主催「市民公開講座」―話 村上敏明氏、西野ミヨシ氏 2017.2.5

記事公開日:2017.2.7取材地: 動画

 2017年2月5日(日)9時50分より、京都市中京区の職員会館かもがわで「京都平和遺族会」による市民公開講座が開かれ、満州からの引揚げ体験をもつ村上敏明氏と、戦争で兄を亡くした西野ミヨシ氏らが講演を行った。


非戦の市民講座 アーサー・ビナード講演会 「ことばと政治、そして日本の未来」(堺市) 2017.1.28

記事公開日:2017.1.30取材地: 動画

 2017年1月28日(土)18時半より、サンスクエア堺(大阪府堺市堺区)で非戦の市民講座第18回講座としてアーサー・ビナード氏の講演会「ことばと政治、そして日本の未来」が開かれた。


「仲間うちの会話だけで終わっていないか」「投票に行く気になってもらえるかは、全人格が問われている」 ~湯浅誠氏講演会「“生きる”むずかしさと憲法」 2013.7.7

記事公開日:2013.7.7取材地: テキスト動画

 2013年7月7日(日)14時、大阪府堺市の堺市総合福祉会館において、社会運動家・NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事の湯浅誠氏による「“生きる”むずかしさと憲法」と題する講演会が開かれた。

 この講演会は、市民団体「非戦の市民講座」が、第14回目の学習講座として実施したもので、湯浅氏は会場に詰め掛けた300名を超す聴講者を前に、生活と憲法の関わりについて持論を述べた。特に、現在直面している低投票率や改憲危機について、直接的な批判はしなかったものの、社会運動にありがちな、「仲間うちに固まる傾向」に対して、言葉を選びつつ改善を促した。


第8回八王子市民講座「安全な原発はあるのか?」〜福島第一原発の現状から考える〜後藤政志氏講演 2013.5.18

記事公開日:2013.5.18取材地: テキスト動画

 2013年5月18日(土)13時30分から、東京都八王子市の北野市民センターにおいて、「第8回八王子市民講座『安全な原発はあるのか?』~福島第一原発の現状から考える~後藤政志氏講演」が開かれた。東芝で原子炉の設計に携わっていた後藤政志氏が、福島第一原発事故を設計者の視点から解説し、福島の現状について説明した。


渡辺満久氏講演「青森県の核燃・原子力施設と活断層問題」 2013.4.15

記事公開日:2013.4.15取材地: テキスト動画

 2013年4月15日(月)18時30分、青森県弘前市の弘前大学50周年記念会館(みちのくホール)において、東洋大学教授の渡辺満久氏が「青森県の核燃・原子力施設と活断層問題」と題した講演を行った。渡辺氏は「変動地形学」の専門家で、原子力規制委員会の外部有識者として、原発直下の活断層判断において重要な指摘を行っていることで知られる。

 講演で、渡辺氏は「活断層とは何か」「活断層があると何が困るのか」「下北半島周辺の海底活断層」というテーマに分け、活断層の基礎的知識から、下北半島に林立する核関連施設への影響に至るまで、詳細に解説した。