安倍総理は「心配事」で政権投げ出す!? 河井案里容疑者が選挙資金還流を供述か?不正の隠蔽や利権の維持は菅新政権へ継承!? 岩上安身によるインタビュー 第1010回 ゲスト ジャーナリスト・山岡俊介氏 2020.9.13

記事公開日:2020.9.12取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちらから

 岩上安身は9月10日、「アクセスジャーナル」編集長であり、「#ケチって火炎瓶」報道で知られる山岡俊介氏をお迎えして、インタビューを行なった。

 今回のインタビューでは、安倍総理の潰瘍性大腸炎悪化は本当なのか、そして、6月に公選法違反(買収)の罪で逮捕された河井克行・案里夫妻の選挙資金が安倍事務所に還流していた疑惑について、その後の展開を山岡氏にうかがった。


河井夫妻の買収資金1.5億の一部が安倍事務所に還流!? 安倍総理も共謀で刑事告発される! 検事総長への「子飼い」黒川配置にも失敗! 稲田検事総長憎しのあまり虚偽答弁を重ね泥沼へ!! 検察は安倍総理本人の疑惑にどこまで迫れるか!? 岩上安身によるインタビュー 第998回 ゲスト ジャーナリスト 山岡俊介氏 2020.5.29

記事公開日:2020.6.3取材地: 動画独自

※IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2020年5月29日(金)、東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身によるジャーナリスト山岡俊介氏インタビューが行われた。


(再UP) 参院選前に「#ケチって火炎瓶」報道の山岡氏が逮捕されるかも!? 秋元司内閣府副大臣、見城徹幻冬舎社長など、続々飛び出す安倍総理周辺の大物の実名! 6.11~岩上安身による緊急インタビュー 第945回 ゲスト ジャーナリスト山岡俊介氏 2019.6.11

記事公開日:2019.6.13取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! 一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限りご覧いただけます。→ご登録はこちらから

 2019年6月11日(火)15時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身によるジャーナリスト山岡俊介氏緊急インタビューが行われた。


ケチって火炎瓶事件~安倍晋三議員自宅・事務所に火炎瓶はなぜ投げ込まれたのか?1999年・下関市長選 安倍現首相は暴力団に選挙妨害を依頼したのか?―講演 山岡俊介氏 2018.12.11

記事公開日:2019.1.14取材地: 動画

 2018年12月11日(火)19時より、東京都千代田区のスペースたんぽぽにて「ケチって火炎瓶事件~安倍晋三議員自宅・事務所に火炎瓶はなぜ投げ込まれたのか?1999年・下関市長選 安倍現首相は暴力団に選挙妨害を依頼したのか?」と題する講演会が開催され、ジャーナリストの山岡俊介氏が講師として登壇した。


1999年下関市長選で安倍事務所による選挙妨害依頼を受けた人物が小山氏!小山氏への酷薄な掌返しが怒りの火炎瓶へ!!~9.10 緊急!#ケチって火炎瓶 新宿アルタ前 山岡俊介と寺澤有氏トークライブ 2018.9.10

記事公開日:2018.10.19取材地: テキスト動画

 トークライブの冒頭、山岡氏は「1999年というともう古い事件のように思う人がいるかもしれませんが、選挙妨害は民主主義の根幹を揺るがす重大な犯罪です。この犯罪の中に安倍総理という人物のまさに正体が現れていると言えます」と、この疑惑の核心について熱弁を奮った。


安倍首相が直接関与!? 証拠多数!? モリカケ問題よりはるかに致命傷!? ~7.28草の実アカデミー「いま話題の安倍首相・重大スキャンダル〜安倍晋三氏は、本当に選挙妨害を暴力団関係者に発注したのか」!? #ケチって火炎瓶 2018.7.28

記事公開日:2018.8.2取材地: テキスト動画

 2018年7月28日(土)に第106回 草の実アカデミー「いま話題の安倍首相・重大スキャンダル〜安倍晋三氏(あるいは安倍事務所)は、本当に選挙妨害を暴力団関係者(当時)に“発注”したのか」ジャーナリスト山岡俊介氏、寺澤有氏の講演会が雑司ヶ谷地域文化創造館で行われた。


フリーランス表現者による「特定秘密保護法の違憲確認と施行差し止めを求める訴訟」提起後の記者会見 2014.3.28

記事公開日:2014.3.29取材地: 動画

 2014年3月28日、フリージャーナリストや編集者ら43人が、秘密保護法で取材活動が萎縮し、報道の自由が制限されるとして、国を相手に違憲・無効確認などを求める訴えを、東京地裁に起こした。その後司法記者クラブにて、記者会見を行った。