参院選 おおさか維新の会 松井一郎 代表 第一声 2016.6.22

記事公開日:2016.6.22取材地: 動画

 2016年6月22日(水)、大阪市・南海なんば駅前にて、参院選 おおさか維新の会 松井一郎代表が第一声をあげた。


市民社会フォーラム第182回学習会 泥憲和×池田香代子×中沢けい「今度こそ、安倍首相から日本を取り戻せ!!」 2016.6.22

記事公開日:2016.6.22取材地: 動画

 2016年6月22日(水)、大阪府大阪市のシアターセブンにて、市民社会フォーラム第182回学習会 泥憲和×池田香代子×中沢けい「今度こそ、安倍首相から日本を取り戻せ!!」が開催された。


新政治団体 国民怒りの声 今後の方針および参院選大阪選挙区の推選候補者に関する記者発表会 2016.6.20

記事公開日:2016.6.21取材地: 動画

 2016年6月20日(月)、大阪市西区の国民怒りの声・大阪事務所で、今後の方針および参院選大阪選挙区の推選候補者に関する記者発表会が開かれた。


講演会「日本にとって沖縄とは何か」―講師 新崎盛暉・沖縄大学名誉教授 2016.6.17

記事公開日:2016.6.18取材地: 動画

 2016年6月17日(金)、エル・おおさか(大阪市中央区)で開かれた「関西・沖縄戦を考える会」総会・講演会で、先ごろ『日本にとって沖縄とは何か』(岩波新書)を著した新崎盛暉氏(沖縄大学名誉教授、沖縄近現代史)が講演を行った。


第7期沖縄意見広告関西報告集会 ―アン・ライト氏(元米陸軍大佐)、安次富浩氏(沖縄ヘリ基地反対協) 2016.6.11

記事公開日:2016.6.12取材地: 動画

 2016年6月11日(土)18時より、大阪市中央区のエル・おおさかで「第7期沖縄意見広告関西報告集会」が開かれた。元米陸軍大佐でイラク戦争に反対して外交官を辞めたアン・ライト氏が特別ゲストに招かれ講演したほか、沖縄・ヘリ基地反対協議会の安次富浩・共同代表が現地報告を行った。


‎国民怒りの声 関西キックオフ集会 出席者 小林節代表 2016.5.30

記事公開日:2016.5.31取材地: 動画

 2016年5月30日(月)、大阪市北区の大阪府立国際会議場で、「‎国民怒りの声 関西キックオフ集会」が開かれ、代表の小林節氏が設立趣旨および今後の活動方針について説明した。


生活フォーラム関西 政治討論会 市民と創る新政権のマニフェスト 2016.5.29

記事公開日:2016.5.30取材地: 動画

※日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!~関連記事・動画期間限定フルオープン!(終了しました)

 生活フォーラム関西が主催する政治討論会「市民と創る新政権のマニフェスト」が2016年5月29日(日)14時より大阪市北区内で開かれた。5人の国会議員経験者が自公政権に対抗するマニフェストのありかたについて5つのテーマを取り上げ議論した。


非戦の市民講座第17回講座 ゲスト 蓮池透さん 「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」 2016.5.28

記事公開日:2016.5.28取材地: 動画

 2016年5月28日(土)18時より、大阪府堺市のサンクスエア堺で蓮池透氏(拉致被害者家族連絡会元副代表)を招いて非戦の市民講座第17回「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」が開かれた。


市民社会フォーラム第180回学習会「戦争と民主主義を考える個人の尊厳を守る政治のために」 ―講演 岡野八代氏 2016.5.26

記事公開日:2016.5.27取材地: 動画

 2016年5月26日(木)、大阪市淀川区のシアターセブンで、「市民社会フォーラム第180回学習会『戦争と民主主義を考える個人の尊厳を守る政治のために』」が開催され、同志社大学教授で憲法96条の会代表の岡野八代氏が講演を行った。


大阪府警による不当弾圧・不当逮捕を許さない! 5・23大阪府警本部抗議行動 2016.5.23

記事公開日:2016.5.24取材地: 動画

 2016年5月23日(月)、大阪市中央区の大阪府警察本部の南側で、「大阪府警による不当弾圧・不当逮捕を許さない! 5・23大阪府警本部抗議行動」が行われた。


岡野八代氏 講演「女性たちの経験から考える戦争法・憲法破壊政治」 2016.5.13

記事公開日:2016.5.13取材地: 動画

 2016年5月13日(金)18時半より、大阪市中央区のエル・おおさかで開かれた集会「おんなこどもをなめんなよ!ビンボー・戦争まっしぐらのアベ政治はこの夏で終いや」で同志社大学教授・岡野八代氏が「女性たちの経験から考える戦争法・憲法破壊政治」と題し講演を行った。


大阪TATTOOシンポジウムEXPRESSIONS「インクジウム」 2016.5.1

記事公開日:2016.5.9取材地: 動画

 2016年5月1日、大阪市北区のNOON+CAFE NAKAZAKI DEPOTにて、京都大学法学研究科教授の高山佳奈子氏はじめ、多方面のジャンルから”TATTOOの現状とTATTOOの未来について”を議論するシンポジウム、「大阪TATTOOシンポジウムEXPRESSIONS『インクジウム』」が開催された。


高遠菜穂子×雨宮処凛講演会「戦争のリアルと貧困のリアル」 2016.5.6

記事公開日:2016.5.6取材地: 動画

 2016年5月6日(金)18時より、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子氏、作家・社会運動家の雨宮処凛氏を招いた講演会「戦争のリアルと貧困のリアル」が大阪市中央区のエル・おおさかで開かれた。


平和といのちと人権を!憲法を壊すな! 戦争法を廃止へ!5・3おおさか総がかり集会 2016.5.3

記事公開日:2016.5.4取材地: 動画

 2016年5月3日、大阪府大阪市の扇町公園にて、戦争をさせない1000人委員会・大阪が主催する「平和といのちと人権を!憲法を壊すな! 戦争法を廃止へ!5・3おおさか総がかり集会」が行われた。


戦争アカン!平和が好きやねん!戦争法廃止をめざす市民集会 ―講師 泥憲和氏(元自衛官)、西谷文和氏(フリージャーナリスト) 2016.4.22

記事公開日:2016.4.28取材地: 動画

 2016年4月22日(金)18時半より、大阪市西成区の西成区民センターで「戦争アカン!平和が好きやねん!戦争法廃止をめざす市民集会」が開かれた。元自衛官・泥憲和氏とジャーナリスト・西谷文和氏の講演ののち、明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)とSEALDs KANSAI(シールズ関西)のメンバーを加えてパネルディスカッションを行った。


安冨歩&片岡祐介「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲シリーズ」特別研究会 2016.3.14

記事公開日:2016.4.21取材地: 動画

 2016年3月14日(月)、大阪府高槻市のスタジオ73にて、安冨歩&片岡祐介「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲シリーズ」特別研究会が行われた。


「とめよう改憲!大阪ネットワーク」第9回年次総会&公開講演会 ―講師 中野晃一・上智大教授 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 2016年4月17日(日)14時より、大阪市中央区の中央会館で「とめよう改憲!大阪ネットワーク」の第9回年次総会と公開講演会が開かれ、上智大学・中野晃一教授が「戦争法廃止へ、市民連合の歩み」と題して講演した。


自民党復権後の軍需産業による政治献金は倍増!軍需産業と防衛省との契約高は7929億円!「医療崩壊と安保法制の切っても切れない関係」を医療制度研究会・本田宏氏が指摘 2016.4.15

記事公開日:2016.4.15取材地: テキスト動画

※5月1日テキストを追加しました!

 「先進国の中で、日本は世界一の医師不足。しかし、大手マスコミは救急患者のたらい回しや医療事故は盛んに報道するが、医師不足の実態を大きく伝えることはしない。この国には、医療費を含めた社会保障の予算は増やさずに『他の部分』で使いたい人たちがいるからだ」――。

 長年、医師不足の問題に取り組んできた、医師で医療制度研究会副理事長の本田宏氏は、「他の部分とは、防衛費、辺野古基地や新国立競技場の建設などだ」と看破した。

 2016年4月15日、大阪市内で市民社会フォーラム第175回学習会「医療崩壊と安保法制の切っても切れない関係」が開かれた。日本の医師不足の実態、社会保障費の財政負担とそれを報じる大手マスメディアの嘘、官尊民卑の官僚政治について語った本田氏は、「日本はクレプトクラシー(収奪・盗賊政治)国家だ」と断じた。


「日本の自由と人権の侵害にもの申す!」 国連の静かなる闘い~知っていますか?国連のこと ―藤田早苗 英エセックス大学人権センター・フェローほか 2016.4.8

記事公開日:2016.4.10取材地: 動画

 2016年4月8日(金)、大阪府大阪市のエル・おおさかにて、英エセックス大学人権センター・フェロー藤田早苗氏を招き、戦争あかん!ロックアクション主催による『「日本の自由と人権の侵害にもの申す!」 国連の静かなる闘い~知っていますか?国連のこと』が行なわれた。


路上から議会へ ポデモスから学ぶ市民シンポジウム 2016.4.9

記事公開日:2016.4.9取材地: 動画

 2016年4月9日(土)18時半より、大阪市中央区のドーンセンターで「路上から議会へ ポデモスから学ぶ市民シンポジウム」が開かれた。路上の抗議行動を発端に、短期のうちにスペインの主要政党のひとつに成長した「ポデモス」(Podemos) に学ぼうと、スペインとのネット中継を交えつつ議論した。