緊急院内集会『「福島原発震災」後の日本の原子力政策を考える』 神戸大学名誉教授石橋克彦氏講演会 2011.4.26

記事公開日:2011.4.26取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・関根)

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年4月26日(火)13時半より、参議院議員会館で緊急院内集会「福島原発災害後の日本の原子力政策を考える」で石橋克彦氏(神戸大学名誉教授)の講演会が行われた。

  • 日時 2011年4月26日(火)
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

 石橋氏は冒頭、「『福島原発震災の彼方に』と題し、原発震災が終息できた場合、原発主義の暗い時代を抜け出して原発フリーの安らかな日本を創ろう」と言った。最初に、浜岡原発訴訟原告敗訴に関して日本の司法は原子力推進の国策に配慮してまったく不当だ、とコメントを毎日新聞に寄せた。それから3カ月後に福島原発事故が起こった、と語った。

 石橋氏は続けて「日本列島は大地震活動期になっている。原発震災は日本の滅亡、世界の迷惑になる。原子力基本法の抜本改正、産官民学の強大な原子力複合体(反原発フリー)の解体、原発新・増設の停止、建設・計画の凍結、稼働中原発の閉鎖、全原発の原発震災リスクの評価・閉鎖順位付け、核燃料サイクルの中止などを主張した。

 また被災地の発展的復興の課題もある。首都圏直下型、西日本超巨大地震の可能性。ゆえに分散型国土の創世。東北地方をゆるやかな中心にする。エネルギー政策をはじめあらゆる国家政策の根本的是正」などと提言した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です