第3回 脱原発サミットin茨城 (落合恵子氏・田中三彦氏・村上達也東海村村長) 2013.4.7

記事公開日:2013.4.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富山/奥松)

 2013年4月7日(日)13時から、茨城県東海村の東海文化センターで、「第3回 脱原発サミットin茨城 ~私たちが択びたいのは笑顔のある未来~」が行われた。第3回目となった今回のサミットでは、原子力ムラの問題点、参院選を控え、脱原発へ向けて団結する必要性が語られた。

■ハイライト

  • 村上達也氏(東海村長、脱原発をめざす首長会議 代表世話人)
  • 田中三彦氏(元原発技術者、科学評論家、元国会事故調 調査委員)
  • 河合弘之氏(脱原発弁護団全国連絡会 代表、東海第二原発差止訴訟 弁護団長)
  • 落合恵子氏(作家、評論家、編集者、クレヨンハウス主宰)
  • 主催 茨城の環境と人を考える会議(告知

 田中氏は、国会事故調の調査において、福島第一原発の1号機4階部分に不審な点が見受けられたこと、1号機4階部分の調査要請に対して、東京電力が「屋根にカバーが付いており、4階内部は真っ暗な状況で危険。パニックを起こす可能性がある」として、調査を断念させた経緯を説明した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です