【第4-5号】岩上安身のIWJ特報!TPPを巡る攻防、民主党内「密室」の激論、その全容!Vol.1 2011.11.7

記事公開日:2011.11.7 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 TPPをめぐる攻防が、「待ったなし」の局面を迎えつつある。

 野田総理が11月12日からハワイで開かれるAPECでTPPへの交渉参加を表明すると報じられている。

国民に充分な説明もなく「不意打ち」とも言うべき参加表明強行が行われようとしているさなか、慎重派・反対派の議員が10月後半に入ってから、やや遅きに失した感はあるが、ようやく猛然と巻き返しを始めた。

 民主党ではTPP推進派と慎重派の間で、党内を二分する議論が連日展開されている。その舞台は党の政策調査会の下に設けられた経済連携PT(プロジェクトチーム)の総会である。

 これまで政府は、TPP交渉参加に向け「意見集約を行い、積極的な論議をしながら一定のまとめに持っていく」として、TPP協定交渉の現状や21分野の交渉内容について政府と与党国会議員が議論する経済連携PT総会を、10月14日から11月4日までに計21回行なってきた。

 ところがその「積極的な議論」の内容は、マスメディアではほとんど伝えられることがない。「TPP推進」で記者クラブメディアが足並みをそろえているためでもあるが、PTが報道陣を完全にシャットアウトして議員だけで行われているせいだ。

 PT総会の傍聴が許されるのは記者クラブメディアのみで、その記者クラブメディアですら、後半の国会議員間の意見交換は退室を促され、傍聴が許されない。国民にダイレクトに影響する問題であるにも関わらず、その情報はメディアにも完全シャットアウトで、国民に対して開示されていないのである。

 10月末にさしかかり、野田内閣がAPECでのTPP参加表明を行うらしいという見通しが強まると、PTでの討論は俄然熱を帯びるようになった。

 10月31日月曜日からのPTの内容を、これから連続して明らかにしていく。

 なお、このPTの場では、参加した議員に79ページにおよぶ政府資料『TPP協定交渉の分野別状況』が配られている(この資料は外務省と国家戦略室のHP上で全文公開されており、誰でもダウンロードして読むことができるが、本メルマガ読者からの御希望もあったので、注解つきでこの文書を次の号外で配送する)

(続く)

 現在、過去全てのメルマガ「IWJ特報!」をサポート会員向けに公開しています。また、最新号をご覧になりたい方は、まぐまぐとニコニコのブロマガで購読することができます。

記事目次

  • 山田前農水相「TPP参加強行なら、倒閣へ」
  • TPPは事実上、日米二国間のFTAである
  • 遺伝子組み換え食品の表示義務が押しつけられる!
  • 不都合な事態は想定しない外務省
  • 再販価格維持制度も自由化へ向かう可能性ありと公取委認める
  • TPPで企業の海外移転が進む!?経産省の唖然たる回答
  • 米国の首席交渉官「交渉参加後の離脱決めず」
  • 完全な自由貿易は、必ず農業を滅ぼす
  • APECでのTPP交渉参加表明は、米国に最も評価されるから

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です