記者会見「原発『新安全基準骨子案』に専門家グループが『意見書』を発表」 2013.2.25

記事公開日:2013.2.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富山/奥松)

 2013年2月25日(月)17時30分から、東京都千代田区の参議院議員会館で、「記者会見『原発「新安全基準骨子案」に専門家グループが「意見書」を発表』」が開かれた。元ストレステスト意見聴取会委員の井野博満氏を含む、原子力規制を監視する市民の会が、原子力規制委に対して意見書を発表した。会見した井野氏らは、新安全基準骨子案の策定などに対して、「拙速である」と批判した。

■ハイライト

  • 出席者 井野博満氏(東京大学名誉教授、元ストレステスト意見聴取会委員)、青木秀樹氏(弁護士、脱原発弁護団全国連絡会)、阪上武氏(福島老朽原発を考える会)、滝谷紘一氏(元内閣府原子力安全委員会事務局)

 井野氏は、新安全基準骨子案について、「福島第一原発事故の現状を踏まえて作られているか疑問である。不備のある過去の安全指針に比べて、一歩前進と言える内容ではあるが、根本的な解決にはならない。地震が多発する日本において、他国よりも厳しい体制をとるべきだ」と述べた。

 また、「事業者が安全基準を緩め、基準を満たす時期を先延ばしにする動きが問題」とした上で、「こういう動きをさせないことが大事である」と話した。

 続いて、滝谷氏は、福島第一原発の損傷の状況など、事故の検証を十分に行わずに安全基準を作成している点、新たに設計基準を加えようとしている点を問題視した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です