「恐れるのは(使用済燃料の)出ていく先が無い状態でキャスク(保存容器)の耐用年数が来てしまうこと」リサイクル燃料備蓄センターの事業許可変更申請について~9.2 原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見 2020.9.2

記事公開日:2020.9.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年9月2日(水)14時30分より東京都港区の原子力規制委員会にて、更田豊志委員長による定例会見が開かれ、リサイクル燃料貯蔵株式会社リサイクル燃料備蓄センター使用済燃料貯蔵事業変更許可申請書に関する審査の結果の案の取りまとめについて報告があった。

■全編動画

  • 日時 2020年9月2日(水)14:30~
  • 場所 原子力規制委員会 B・C・D会議室(東京都港区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です